宇宙用電源市場、2032年に51億7,460万米ドル規模到達見込み

市場の概要

宇宙用電源市場は、2021年に26億2,460万米ドル規模に達しました。2022年から2032年にかけて、市場は1.66%のCAGRで推移し、2032年には51億7,460万米ドル規模に達すると予想されています。

宇宙用電源市場の成長は、衛星打ち上げ数の増加や再利用可能な打ち上げシステムの開発が主な要因となっています。

市場のライフサイクルステージ

1957年に初の人工衛星「スプートニク」が打ち上げられて以来、宇宙産業ではいくつかの技術的なブレークスルーが起きています。様々な宇宙探査ミッションが計画されていますが、それぞれの宇宙ミッションの成功は、宇宙船に搭載される技術に左右されます。

宇宙船が宇宙空間に出たとき、最初の関心事はミッションの目的を遂行するためのエネルギー源を選択することです。宇宙空間で宇宙船に使用されるパワーサブシステムは、放射線や熱変動などの過酷な環境に耐える強度を持たなければなりません。それゆえ、強力で信頼性の高いパワーサブシステムへのニーズは常に市場に存在しています。

先進的な宇宙用電源ソリューションを生み出すための研究開発プロジェクトがいくつか進行中であり、今後のメガコンステレーションや、深宇宙探査への関心の高まりとともに、その数は増加すると予想されます。現在使用されているさまざまな電源サブシステムは、太陽電池、一次電池、非充電式電池、熱電発電機、燃料電池などです。宇宙は無限の可能性を秘めた巨大市場であり、適切な機能を確保するために、あらゆるプラットフォームで電力システムが必要とされています。その結果、宇宙用電源の市場は確立されたものとなっています。

市場の動向

・2020年5月、EaglePicher Technologiesは、NASAのPerseveranceミッションに様々なバッテリーを供給するために選ばれました。打ち上げの際、Atlas Vは10個の銀亜鉛電池を使用しました。アトラスVの主電源システム、プライオシステム、飛行終了システムは、これらの電池で駆動されました。ローバーの主電源システムには、2つの充電式リチウムイオン電池が使用されました。  

・2021年5月、NASAはLunar Array Mast and Power System(LAMPS)プロジェクトの垂直展開型太陽電池の設計・開発にHoneybee Robotics社とmPower Technology社を選定しました。  

・2021年1月、NASAはBoeingのSpectrolabに、国際宇宙ステーション(ISS)用にさらに6つの太陽電池アレイを提供する契約を締結しました。新しい太陽電池アレイは、電力を20%~30%増加させることができます。

・2022年1月、英国を拠点とするSpace Forge社は、AAC Clyde Space社に、実証用宇宙船で使用される宇宙製品を提供するために、40万ドルの契約を締結しました。この宇宙船は、宇宙旅行を複数回行い、宇宙環境を生産と科学実験に活用するために設計されています。

市場の推進要因

・LEO衛星と再利用可能なロケットの開発の増加

・宇宙用電源の需要拡大を推進するミッション要件の進化

市場の制約要因

・小型衛星の連続生産の増加に対応する宇宙用電力ソリューションの拡張性

・カスタマイズされた宇宙用電源ソリューションの欠如

市場の機会

・非宇宙用電源ソリューションプロバイダーの宇宙産業への参入

・宇宙用電源の大量生産に対する需要の増加

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]