デジタルバイオマーカー市場、2028年に161億7,400万米ドル規模到達見込み

市場の概要

デジタルバイオマーカーの世界市場は、2021年に18億830万米ドル規模に達しました。2022年から2028年にかけて、市場は36.06%のCAGRで成長し、2028年には161億7,400万米ドル規模に達すると予想されています。

慢性疾患の高い有病率と発生率の増加、およびデジタルヘルスケアシステムの技術的進歩が、市場成長の主要な推進力となっています。

COVID-19の流行期間中、ウェアラブルデバイスにおけるソフトウェアや人工知能(AI)の統合、mHealthアプリケーションの採用増加、遠隔医療や遠隔患者モニタリングシステムなどの技術的進歩が、デジタルバイオマーカー市場の成長に寄与しています。

市場の成長要因

従来の慢性疾患診断は、非常に主観的であり、複数回の診察に基づいています。その結果、医薬品開発の決定は、限られた主観的な証拠に基づいて行われ、大規模な医薬品の第3相試験は不成功に終わりました。デジタルバイオマーカーは、従来の臨床エンドポイントよりも迅速に薬効を予測できるため、特定の治療分野においては製品開発を加速させることができます。また、音声ベースのデジタルバイオマーカー、mHealthアプリケーション、スマートウェアラブルデバイスの採用など、デジタルバイオマーカー技術の進歩は人々の注目を集めています。

さらに、慢性疾患の有病率や発症率の上昇に伴い、技術の導入も増加すると予想されます。その結果、疾病診断がより一般的になり、デジタルバイオマーカーの世界市場は拡大すると予測されます。政府は医療保険に多額の資金を投入することで、医療費全体を削減し、生活の質の向上に貢献できるようになります。

市場の制約要因

デジタルバイオマーカーの世界市場の成長を抑制する要因として、投資収益率(ROI)に関連するリスクや、標準化および相互運用性のソリューションの欠如が挙げられます。さらに、従来の方法の代わりにデジタルヘルス機器を使用する場合、医療過誤のリスクや患者のプライバシー侵害の増加が懸念されています。

世界市場の機会

新興国における高い成長機会と、アジア太平洋地域および中東・アフリカにおける新興企業の出現は、デジタルバイオマーカー市場の成長にとって計り知れない可能性を持っています。機械学習(ML)および人工知能(AI)の時代において、病気の発見、特徴づけ、モニタリング、治療反応評価に役立つ定量的デジタルバイオマーカーの抽出は、ますます望ましいものとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]