3Dプリントソフトウェア・サービス市場、2031年に808億4,760万米ドル規模到達見込み

市場の概要

3Dプリントソフトウェア・サービス市場は、2021年に96億6,170万米ドル規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は24.3%のCAGRで成長し、2031年には808億4,760万米ドル規模に達すると予想されています。

3Dプリント技術は、1980年代初頭から大きく発展しており、この分野での技術的進歩に起因するとみられています。3Dプリントソフトウェア・サービス市場のエコシステムは、3Dプリントソフトウェア開発者、サービスプロバイダー、材料プロバイダー、エンドユーザー、その他で構成されています。市場はまだ発展途上であり、北米が最前線で、欧州やその他の地域がそれに続いています。

3Dプリントソフトウェア・サービス市場は、AIおよび機械学習(ML)の採用拡大、自動車、航空宇宙などの最終用途産業からの需要、ヘルスケア産業での採用拡大など、いくつかの要因によって推進されています。政府からの投資と支援の拡大は、予測期間中の市場全体の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

主要な市場区分

3Dプリントソフトウェア・サービス市場:アプリケーション別

機能モデル/機能プロトタイピング/研究モデルセグメントは、予測期間(2022年~2031年)において最大のアプリケーションになると予想されます。従来の製造技術とは異なり、3Dプリントでは、ユーザーは多くのエネルギーと材料を無駄にすることなくプロトタイプを迅速に印刷することができ、機能プロトタイピングのための3Dプリントの採用拡大を促進しています。

3Dプリントソフトウェア・サービス市場:エンドユーザー別

予測期間において、航空宇宙セグメントが最大のエンドユーザーとなる見込みです。航空宇宙産業では、車体、シート、エンジン部品、ローターブレードの製造に3Dプリントの採用が進んでおり、3Dプリントソフトウェア・サービス市場における航空宇宙セグメントの成長を後押ししています。

3Dプリントソフトウェア・サービス市場:ソフトウェア別

3Dデザインソフトウェア分野は、予測期間において、最大のソフトウェアセグメントとなる見込みです。3Dデザインソフトウェアは、ユーザーが任意の形状やサイズの製品をデザインすることを可能にします。これらのソフトウェアは、3Dビジュアライゼーション、モデリング、エンジニアリング、ドローイング、インテリアデザイン、その他同様のデザイン作業に使用されています。

3Dプリントソフトウェア・サービス市場:サービス別

予測期間において、プリントオンデマンドサービスが最大のサービスセグメントとなる見込みです。プリントオンデマンドサービスにより、ユーザーは3Dプリンタの導入コストを気にすることなく、3Dプリントプロセスを外注することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]