血液・血漿成分市場、2031年に664億7千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

血液・血漿成分の世界市場は、2020年に395億8,000万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は4.90%のCAGRで推移し、2031年には664億7,000万米ドル規模に達すると予想されています。

血液・血漿成分の世界市場は、血友病A、フォンウィルブランド病(vWD)、二次性免疫不全症などの原発性免疫不全症の負担増に起因して、わずかな成長が見込まれています。また、がん、血液学的悪性腫瘍、臓器移植の負担増も市場の成長要因として挙げられます。さらに、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)などの神経疾患の治療における血漿成分の使用に関する研究開発の増加も、市場の成長を促進しています。加えて、世界の血液・血漿成分市場の主要企業が、血液・血漿成分の供給を満たすために、世界各地でより多くの血液・血漿採取センターを新たに立ち上げ、事業の拡大を図る取り組みが、市場の成長を後押しする要因として期待されています。

市場の競合状況

世界の血液・血漿成分市場は、老舗企業に加え、少数の新興企業で構成されています。世界の血液・血漿成分市場のいくつかの企業は、新しい場所で新しい血液・血漿採取センターを立ち上げるなどの事業拡張活動を行うことで、市場での存在感を拡大しようとしています。また、各社は、すでに市場に存在する血漿由来製品の用途を拡大するための研究開発に常に取り組んでいます。世界の血液・血漿成分市場の主要プレイヤーは、2018年1月から2022年1月の期間に、市場における事業拡大、製品承認、シナジー活動を展開しています。これらの活動に対して企業が注力していることは、企業が常に新しい応用分野への血液・血漿成分の可能性を探り、血液・血漿成分の需要増を満たす製品を提供するために取り組んでいることを示しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]