シングルセルRNAシーケンシング市場、2031年に29億3,130万米ドル規模到達見込み

市場の概要

シングルセルRNAシーケンシング市場は、2020年に3億8,670米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は17.08%のCAGRで成長し、2031年には29億3,130万米ドル規模に達すると予想されています。

シングルセルRNAシーケンシング技術は、シングルセルのゲノム、トランスクリプトーム、その他のマルチオミクスを検出するために開発された技術です。単一細胞を包括的に解析できる利点があり、遺伝子発現の拡大による細胞の不均一性を解決するための前例のない機会が生まれました。さらに、次世代シーケンサーが市販され、バイオインフォマティクスの成熟とともに単一細胞解析への注目が高まったことで、研究者はこの技術を利用して発見をすることができるようになりました。この技術の劇的な進歩により、胚発生、癌生物学、免疫学の研究において、より良い用途が見出されるようになりました。

主要な市場区分

シングルセルRNAシーケンシング市場は、製品、ワークフロー、用途、エンドユーザー、地域に基づいて区分されています。

地域別では、北米がシングルセルRNAシーケンシング市場において最大のシェアを占めています。これは、標準化された規制シナリオと、シングルセルRNAシーケンシングサービスおよび製品を提供する多数の企業の存在に起因しています。さらに、バイオテクノロジー企業が製造施設の改善やシーケンシング技術の進歩のために行っている多額の投資や、同地域の一人当たり所得の増加も、市場の成長を後押ししています。他方で、アジア太平洋地域は予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]