シングルセルバイオインフォマティクスソフトウェア・サービス市場、2031年に6億3,480万米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

世界のシングルセルバイオインフォマティクスソフトウェア・サービス市場は、2020年に2億520万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は10.89%のCAGRで成長し、2031年には6億3,480万米ドル規模に達すると予想されています。

世界のシングルセルバイオインフォマティクスソフトウェア・サービス市場の成長は、計算解析のために提供されるバイオインフォマティクスサービスの増加や、単一細胞解析ソフトウェアを提供するオープンソースの無料プラットフォームプロバイダーの増加によってもたらされると予測されます。

シングルセルバイオインフォマティクスソフトウェア・サービス市場は、まだ初期段階にあります。単一細胞解析に関連する研究開発活動が大幅に増加し、シングルセルバイオインフォマティクスソフトウェア・サービスベースの製品を開発中であり、癌などの慢性疾患の増加により需要が拡大すると予想されます。研究者は、データ解析がより複雑になるという代償を払いながらも、これまでにない生物学的な知見につながる可能性を秘めたデータを生み出しています。シングルセルバイオインフォマティクスソフトウェアおよびサービスの研究開発への投資の増加や、さまざまな研究資金調達は、世界のシングルセルバイオインフォマティクスソフトウェア・サービス市場における大きな機会の一つとなっています。

COVID-19の市場への影響

単一細胞研究のほとんどは、COVID-19の進行に焦点を当て、重要な分子および免疫特性を提供してきました。研究者らは、104人のCOVID-19患者から採取した140種類のサンプルのシングルセルシーケンスデータを含む、大規模な単一細胞統合データを解析しました。これを通じて、回復期の患者における末梢血単核細胞(PBMC)の免疫細胞の割合、T細胞受容体(TCR)クローンの多様性、その他の特徴についての知見を得ました。別の研究では、シングルセルRNA配列決定、シングルセルTCR配列決定、シングルセルBCR配列決定を用いて、病気の重症度が異なるCOVID-19回復患者からのPBMCの適応免疫細胞のプロファイリングが紹介されました。科学者たちは、これらの研究では説明しがたい現象を発見しました。それは、血清中の抗スパイク力価が高い回復期の患者は、非中和抗体をより高い割合で産生することを示すものです。研究者たちはまた、COVID-19患者サンプルについて単一細胞RNA配列決定を行い、感染の重症度が異なる患者や異なる臓器タイプにおける遺伝子発現パターンの違いを比較し、臓器損傷を分析するのに役立てました。また、COVID-19感染によって遺伝子や経路に炎症が起こり、肝臓、肺、腎臓、心臓などの臓器組織が損傷することを突き止めました。研究を通じて、炎症経路の軸となる治療標的を用いてこれらの症状を臓器レベルで治療することが、重症感染者の予後改善につながると結論付けられています。

市場の成長要因

・シングルセル技術の急速な発展

・疾病診断・創薬分野の進展

・バイオ製薬会社による投資

市場の制約要因

・代謝物分析における分析上の課題

・時空間的コンテクストの欠落

・効果的なシングルセル解析の実施に向けた障壁

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]