遺伝子クローニングサービス市場、2031年に115億2,440万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の遺伝子クローニングサービス市場は、2020年に19億8,360万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は17.29%のCAGRで成長し、2031年には115億2,440万米ドル規模に達すると予想されています。

遺伝子クローニングは、医療の意思決定に不可欠であり、幅広い治療普及のための情報取得を助け、医療におけるその重要性を際立たせています。遺伝子クローニングは、標的治療薬の安全かつ効果的な適用を確認するものであり、精密医療アプローチにおいて重要な役割を担っています。

市場の成長および制約要因

市場の成長要因としては、遺伝子合成およびクローニングサービスに対する有利な資金調達シナリオ、クローニングおよびサブクローニングサービスにおける技術的進歩、市場における相乗効果のある活動の増加などが挙げられます。市場の急速な発展にかかわらず、今後さらに市場が成長し続けるためには、いくつかの重要な課題に対処する必要があります。クローニングベクターの大量生産に伴う問題やトランスフェクション効率の低下が、市場成長の妨げとなっています。さらに、遺伝子やクローニングサービスに対する需要の増加、ベクターやプラスミドの制限、新しい経済技術やサービスの開発など、いくつかの機会が市場に成長をもたらしています。

主要な市場区分

世界の遺伝子クローニングサービス市場は、サービス、遺伝子タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいてセグメント化されています。

地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場シェアを占めています。これは、同地域における医療インフラの改善、一人当たりの所得の増加、保険償還政策の改善などに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]