手術室(OR)管理ソリューション市場、2031年に36億9,910万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の手術室(OR)管理ソリューション市場は、2021年に20億2,350万米ドル規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は6.29%のCAGRで成長し、2031年には36億9,910万米ドル規模に達すると予想されています。

世界の手術室管理ソリューション市場は、手術室で使用される様々なソフトウェアソリューションで構成される巨大な市場です。これには、データ管理、在庫管理、手術のスケジュールと計画、手術室内外の手術スタッフ間のコミュニケーション、可視化、報告、文書化の改善などのためのソリューションが含まれます。

従来の手術室は、手術室が機能するために必要なすべての機器を備えていましたが、さまざまなコンポーネント間のコミュニケーションの欠如や自動データ管理の欠如が大きな欠点となり、ソフトウェア統合手術室の導入に関心が集まるようになりました。

市場の促進要因

手術室インフラを促進するための政府の取り組みや資金の増加、慢性疾患の急増、高齢者人口の急増による外科手術数の増加、患者の安全確保、ワークフローの合理化、手術室でのコスト管理のための手術室インフラのアップグレード需要の高まり、電子健康記録(EHR)ソリューションの採用増加などの要因が市場を牽引しています。

患者の安全確保は、手術室における最も重要な責任の一つです。手術室でのミスは頻繁に発生し、深刻な結果を招く可能性があります。手術室管理ソリューションの統合は、適切なコミュニケーション、データ管理、正確性を提供し、手術室における全ての医療ミスの防止に取り組むことで、患者の安全を確保するのに役立ちます。そのため、手術室管理ソリューションで手術室のインフラをアップグレードする需要が増加しています。

市場の制約要因

手術室管理ソリューションの市場成長を抑制する要因として、手術室管理ソフトウェアの高い価格設定とメンテナンスコスト、ソフトウェアにおけるセキュリティ違反の増加などが挙げられます。医療施設が直面する最も大きな課題は、手術室管理ソフトウェアのインストールにかかるコストの高さです。また、手術室管理ソフトを導入した後は、ユーザーの要望やソフトのアップグレードに合わせて定期的に更新する必要があり、それによって手術室管理ソフトのメンテナンスコストが増大します。手術室管理の年間保守費用は、ソフトウェアの初期購入費用の40~50%程度になります。したがって、ラテンアメリカや中東・アフリカなどの新興国においては、手頃な価格の製品が無いことが、市場の成長を抑制する大きな要因となっています。

さらに、ハッキング事件の増加、マルウェアの盗用、データの偶発的または意図的な開示に起因する医療分野でのセキュリティ侵害の増加も、市場の抑制要因として作用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]