ヘルスケアにおけるビッグデータ市場、2031年に1,301億3,210万米ドル規模到達見込み

市場の概要

ヘルスケアにおけるビッグデータ市場は、2021年に329億2,510万米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は13.96%のCAGRで成長し、2031年には1,301億3,210万米ドル規模に達すると予想されています。

ビッグデータは、現代のヘルスケアを変革する可能性を秘めているため、注目されているテーマの一つです。この技術は、過去20年間で大きく成長しました。多くのヘルスケア企業が、製品開発、患者転帰の改善、イノベーションの推進など、さまざまな用途でビッグデータの活用を始めています。

心臓血管の健康などの分野でのヘルスケアにおけるビッグデータの活用は、毎年数十億ドル相当の節減につながる可能性があります。日常的に生成されるデータは、ほとんどが非構造化形式であり、既存のデータモデルに従って整理・管理されていないため、分析時に課題が生じます。業界の認識では、ヘルスケアにおけるビッグデータの約80%は非構造化データであり、解析の対象となるのは約20%に過ぎません。

ヘルスケア分野におけるビッグデータの導入は、大きな市場であるにもかかわらず、まだ初期段階にあると言えます。発展途上国においてエビデンスに基づく臨床医療への需要が高まっていることが、市場の成長を大きく後押しすると予想されます。2022年から2031年にかけて予想される技術的進歩は、ヘルスケアにおけるビッグデータ市場の将来と採用レベルを決定する上で重要な役割を果たすと予想されます。

市場の促進要因

市場の成長を促進する要因としては、ウェアラブル、モバイルヘルス、IoMTの採用の増加、医療費削減の緊急性、ヘルスケアデジタル化への熱心な取り組み、デジタルヘルスケアと相互運用性の重要性の高まりなどが挙げられます。ウェアラブル/コネクテッドデバイスの採用の進展は、世界のヘルスケアにおけるビッグデータ市場の顕著な推進要因となっています。採用が進むことで、データソースのプールが増えています。さらに、インドや中国などの新興国を含むいくつかの政府は、大衆向けのヘルスケアにデジタル化を導入することに注力しています。

さらに重要なことは、慢性疾患の有病率や発症率が上昇し続ける中、技術の導入が拡大するということです。その結果、疾病診断分野とヘルスケアにおけるビッグデータの世界市場の成長が加速すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]