5G衛星通信市場、2032年に432億1,540万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の5G衛星通信市場は、2021年に27億830万米ドル規模に達しました。2022年から2032年にかけて、市場は28.12%のCAGRで成長し、2032年には432億1,540万米ドル規模に達すると予想されています。市場成長の主な要因は、広域をカバーする低遅延・高速接続のニーズです。

5G衛星通信は、次世代5Gネットワークと通信衛星の統合を意味します。この統合により、5Gネットワークが約束する真の高速伝送、低遅延、広範なコネクティビティを実現することができます。また、衛星との連携により、仮想ネットワークの実現(ネットワークスライシング)や、要件に応じた接続性の向上が可能になります。

現在、5G衛星通信市場は初期段階にあり、予測期間(2022年~2032年)中に大きく成長する可能性があります。OneWeb、SpaceX、LeoSat、Amazonなどの企業が、遠隔地や地方にいる顧客のために衛星接続を可能にするために、新しい空間で競争しています。

COVID-19の感染拡大時においては、遠方や地方での接続ニーズがより高まりました。旅行制限、社会的距離規制、在宅勤務・在宅学習へのシフトを余儀なくされたため、世界の多くの地域において、より高速でより高い仮想接続性に対する需要が切実なものとなりました。

主要な市場区分

5G衛星通信市場:衛星ソリューションタイプ別

バックホールとタワーフィード衛星ソリューションは、スマートフォン、スマートテレビ、タブレットなどのさまざまなデバイスで、高画質のビデオやコンテンツを広いカバーエリアにマルチキャストする能力を備えたセルタワーに高速インターネットを提供します。5Gガジェットの増加や、低遅延で高速な5G接続を体験したいという消費者ニーズにより、バックホールとタワーフィード衛星ソリューションタイプが予測期間中に市場をリードすると予想されます。

5G衛星通信市場:エンドユーザー別

商用エンドユーザー分野は、5G衛星通信市場を支配すると予想されます。これは主に、物流や海運、自動車、商業航空などのモビリティ分野で5Gと衛星接続の需要があるためです。

5G衛星通信市場:軌道別

低軌道(LEO)は、中軌道(MEO)や地球同期地球軌道(GEO)と比較して、予測期間中に市場における優位性を示すと予想されます。これは主に、LEOのコンステレーションが世界中の企業によって開発され、何千もの衛星で構成されているためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]