相変化材料市場、2031年に89億5,680万米ドル規模到達見込み

市場の概要

相変化材料市場は、2020年に15億2,030万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は17.54%のCAGRで成長し、2031年には89億5,680万米ドル規模に達すると予想されています。

相変化材料(PCM)は1970年代から大きく発展しており、その多くはこの分野での技術的進歩に起因しています。相変化材料市場のエコシステムは、PCMメーカー、PCMベースの製品メーカー、エンドユーザー、その他で構成されています。市場はまだ発展途上であり、ヨーロッパが最前線で、北米やその他の地域がそれに続いています。

相変化材料市場は、バイオベースの相変化材料の人気の高まりなど、いくつかの要因によって推進されています。相変化材料は、高い熱エネルギー貯蔵能力を持つため、最近では好ましい選択肢となっており、市場全体の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

主要な市場区分

相変化材料市場:用途別

さまざまな用途の中で、建築・建設分野は2020年に市場をリードし、予測期間(2021年~2031年)には最大の用途になると予想されます。建物は、エネルギー効率と長期的な持続可能性を促進するために、エネルギー消費量を低減し、省エネルギー性を高めることが求められています。さらに、PCMのような効率的なエネルギー材料の使用は、建物のエネルギー依存度を最小限に抑えるために不可欠です。その結果、壁、窓、天井、床などの建築システムにPCMを組み込むことが、建物の冷暖房のエネルギー消費量を減らすための効果的なアプローチとなります。

相変化材料市場:タイプ別

さまざまなタイプの中で、パラフィンは2020年に市場をリードし、予測期間中(2021年~2031年)も市場をリードすると予想されます。パラフィンベースのPCMの利点により、広く利用されている材料です。パラフィンが広い温度範囲で利用できることが、エネルギー貯蔵媒体として適している主な理由です。パラフィンは一般的に信頼性が高く、安全で、腐食性がありません。また、化学的安定性、無毒性、高い融解潜熱などの特性もパラフィン分野の成長に寄与しています。

相変化材料市場:地域別

相変化材料の需要は、様々な地域によって異なります。相変化材料市場は、北米、南米、欧州、英国、中国、アジア太平洋地域、中東・アフリカにおいて大きなシェアを占めており、その中でも欧州は、Henkel AG & Co. KGaA, Climator Sweden AB, Rubitherm Technologies GmbHなど相当数の相変化材料メーカーが存在しているため、世界の相変化材料市場で最大のシェアを占めると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]