放射性リガンド療法市場、2031年に166億5,840万米ドル規模到達見込み

市場の概要

放射性リガンド療法市場は、2020年に97億5,490万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は4.67%のCAGRで成長し、2031年には166億5,840万米ドル規模に達すると予想されています。

抗腫瘍効果を示す放射性医薬品としても知られる放射性リガンド治療薬は、過去10年間に急速な発展を遂げました。一部の治療薬はすでにヒトへの使用が承認されていますが、さらに多くの治療薬が臨床試験中であり、今後2~7年の間に臨床の場に登場し、患者に新しい治療法の選択肢をもたらす可能性があります。このような技術革新にもかかわらず、サプライチェーン、物流、規制問題、教育訓練など、いくつかの課題が残されています。

市場の競合状況

世界の放射性リガンド療法市場は、老舗と新興の企業で構成されています。いくつかの企業は、異なるサンプルタイプからの放射性リガンド治療の革新のために新製品を発売し、新製品開発のための資金を調達することによって、市場での地位を維持しようと試みています。市場の主要プレイヤーは、2018年1月から2022年2月の期間に、製品発売、製品承認、事業資金調達、相乗的活動を展開しています。製品発売と製品承認に関する企業の傾向は、企業が放射性リガンド療法の新製品を継続的に市場に投入していることを示しており、これは主に癌の有病率の上昇、臨床研究活動の増加、主要プレイヤーのイニシアティブの拡大が市場を促進していることに起因しています。

市場の主要企業

世界の放射性リガンド療法市場における主要な企業としては、Novartis AG、Pfizer Inc.、Johnson & Johnson Services, Inc.、Telix Pharmaceuticals、Lantheus Holdings Inc.、(Progenics Pharmaceuticals)、Molecular Partners AG、Clovis Oncology Inc.、Fusion Pharma、Point Biopharma、Precirix、ITM Isotope Technologies Munich SE、Curium Pharma、RadioMedixなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]