次世代婦人科がん診断市場、2031年に56億5,770万米ドル規模到達見込み

市場の概要

次世代婦人科がん診断市場は、2021年に21億6,700万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は10.07%のCAGRで成長し、2031年には56億5,770万米ドル規模に達すると予想されています。

卵巣がん、子宮頸がん、子宮体がんは、世界中の女性の間で最も一般的な婦人科系の悪性腫瘍です。子宮頸がんは、女性で4番目に多く発生するがんです。子宮頸がんの患者数は2018年の約58万人から2030年には70万人に増加し、年間死亡者数は31万1千人から40万人に増加すると予測されています。婦人科系がんは、エピジェネティックな因子、後天的・遺伝的変異、転写逸脱によって制御されたゲノム異常の結果です。婦人科系悪性腫瘍のゲノムおよび分子的枠組みを包括的に理解することは、発見および予防のための強力なバイオマーカーの開発、分子プロファイリング、個別化治療戦略の開発において非常に重要です。

従来、婦人科領域の悪性腫瘍の遺伝子解析は、サンガーシークエンスと呼ばれるデオキシリボ核酸(DNA)の小さな単一部分の分析によって行われてきました。近年、次世代シーケンサー、マイクロアレイ、ポリメラーゼ連鎖反応などの高度な分子遺伝学的検査が婦人科系がんの分子プロファイルの解読に大きく貢献しています。シーケンサー技術の進歩は、研究者や臨床医がこれらの基礎となる変異に関する知識を活用することを支援し、さらに関係者は、目標とする治療の決定を導くためのバイオマーカーを発見するのに役立ちました。

主要な市場区分

次世代婦人科がん診断市場は、製品タイプ、技術、適応症、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。 

市場の競合状況

次世代婦人科がん診断市場における主要な企業としては、Laboratory Corporation of America Holdings, F. Hoffmann-La Roche Ltd, Illumina, Inc., Agilent Technologies, Inc., BGI, PerkinElmer Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]