スマート灌漑市場、2026年に27億5千万米ドル規模到達見込み

スマート灌漑の概要

灌漑は、しばしば散水として知られ、作物の成長を助けるために土地に制御された水量を適用する農業慣行であり、また造園植物や芝生を生成します。

スマート灌漑は、灌漑の手順を自動化し、最終的に灌漑コストを削減する水の使用を減らすのに役立ち、土壌と作物の水分含有量をより良く理解し、土壌の異常をタイムリーに通知し、土壌の良好な健康状態を長期的に維持します。

市場の概要

スマート灌漑の世界市場は、2020年に12億6,000万米ドル規模に達しました。2021年から2026年にかけて、市場は13.69%のCAGRで成長し、2026年には27億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

スマート灌漑市場は成長段階にあります。農業は灌漑用水の50%以上を消費しています。そのため、現実的な解決策として、水の使用を適量に制限することで農業用水の使用量を削減することが求められています。インターネットベースのソフトウェアシステムは、水管理に費用対効果の高いアプローチを提供し、それによって世界のスマート灌漑市場の成長を促進しています。

スマート灌漑の世界市場の成長は、持続可能性に対する要求の高まりと、農業産業における機械化・自動化の進展によってもたらされると予測されています。

主要な市場区分

アプリケーション別の市場区分

アプリケーション別では、農業分野と非農業分野に区分されています。従来のあらゆる形態の灌漑用途で水が大量に浪費されていることから、非農業分野が主流になると予想されます。

コンポーネント別の市場区分

コンポーネント分野には、コントローラー、センサー、水流計、その他が含まれます。コンポーネント別では、コントローラーが主流となり、センサーがそれに続くと予測されます。コントローラーとセンサーは、スマート灌漑システムを農業および非農業用途に展開できるようにするために使用されます。

システム別の市場区分

システム分野には、ウェザーベースコントローラーシステムとセンサーベースコントローラーシステムが含まれます。システム分野では、ウェザーベースコントローラーシステムが主流になると予想されます。これは、このコントローラーの精度が高く、現場での用途が多岐にわたることによります。

市場の競合状況

世界のスマート灌漑市場で事業を展開している主要企業としては、Banyan Water, Inc.、Caipos GmbH、Calsense、ET Water Systems, Inc.、Galcon、Hunter Industries、HydroPoint、Jain Irrigation, Inc.、Netafim、Orbit Irrigation Products LLC、Rachio Inc.、Rain Bird Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]