手術室(OR)統合システム市場、2031年に215億4,610万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の手術室(OR)統合システム市場は、手術室で使用される様々な製品タイプで構成される巨大な市場です。可視化、照明、画像処理、手術室統合ソフトウェア、気腹器、医療用印刷機器、手術室通信・制御システムなど、手術室で使用されるさまざまな製品が含まれます。

従来の手術室は、手術室に必要なすべての機器を備えていましたが、各機器間の通信が不十分であったため、統合手術室の導入が注目されるようになりました。統合型手術室は、画像処理、視覚化、可視化システムなど、手術室のすべての構成要素を統合した集中型コンソールで構成されています。

世界の手術室統合システム市場は、2021年に117億6,360万米ドル規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は6.28%のCAGRで成長し、2031年には215億4,610万米ドル規模に達すると予想されています。

市場の促進要因

低侵襲手術の採用拡大、老年人口の増加による手術需要の拡大、手術ワークフローの合理化ニーズの高まり、TAVI手術の統合環境への移行、患者の手術室における安全性への懸念の高まりなどの要因が市場を牽引しています。

患者の志向は、侵襲的治療から低侵襲的治療へシフトしています。低侵襲手術には、通信システム、可視化システム、手術用ライト、手術用カメラシステムなどの高度な技術や機器を含む、手術室内の適切な配置が必要です。手術室統合システム市場は、低侵襲手術のニーズに対応するものです。低侵襲手術の需要が増加しているため、手術室統合システム市場の成長が加速しています。

市場の制約要因

手術室統合システム市場の成長を抑制する要因として、手術室の統合に必要な巨額の資本投資が挙げられます。医療施設が直面する最も大きな課題は、統合されたORシステムのコストに直接関係する調達の決定です。技術的には、心臓外科や脳神経外科などの複雑な外科手術を行う施設では、最高度の統合が必要とされます。しかし、このレベルの統合には、300万ドルから400万ドルのコストがかかる可能性があります。したがって、ラテンアメリカや中東、アフリカなどの新興国においては、手頃な価格の製品がないことが、市場の成長を抑制する大きな要因となっています。さらに、これらの地域では、手術室管理に熟練した医療従事者が不足していることが、市場の成長をさらに抑制しています。

さらに、既存のOR統合システムをハイブリッドOR統合システムに改修する際に生じる課題や、手術室の完全統合に要求される圧倒的な数の技術が、市場の制約要因として作用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]