がん精密医療市場、2031年に128億9,160万米ドル規模到達見込み

市場の概要

精密医療とは、研究と医療の成果や努力を総体的に統合する概念です。患者に提供する診断薬や治療薬をカスタマイズできることが、精密医療の特徴です。バイオテクノロジーの発展、医療のデジタル化、公共投資の組み合わせにより、疾病に基づいた治療法のパーソナライゼーションが進化してきました。精密医療のコンセプトは、がん克服を目指す体系的なプロセスです。がんは、様々な精密医療構想の主要な焦点であり、精密医療は、個人の一致した遺伝子プロファイルに基づいて、各がん患者に最も正確で精密な治療を適合させ、最終的に提供される治療から利益を得ることを中心に据えています。

世界のがん精密医療市場は、2020年年に451億7,420万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は10.05%のCAGRで成長し、2031年には128億9,160万米ドル規模に達すると予想されています。

市場の成長要因

市場成長の要因としては、世界的ながん罹患率の増加、ファーマコゲノミクスによる試行錯誤に基づく薬剤処方の減少、がん診断のための予測バイオマーカーの利用増加、がん精密医療に関連する急速な技術的進歩が挙げられます。

主要な市場区分

世界のがん精密医療市場は、エコシステム、アプリケーション、地域に基づいて区分されています。

地域別では、北米が最大のシェアを占めています。これは、同地域におけるがん有病率の上昇と、がん精密医療に関連する規制政策の改善によるものです。しかし、アジア太平洋地域とヨーロッパ地域は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]