菌糸体市場、2026年に38億4千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の菌糸体市場は、2020年に24億8,000万米ドル規模に達しました。市場は今後CAGR7.7%で成長し、2026年には38億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。世界の菌糸体市場の成長は、持続可能な素材に対する需要の高まりと、循環型経済への貢献によってもたらされると予想されます。

市場の動向

菌糸体市場は、まだ初期段階にあります。菌糸体ベースの製品を開発するための研究開発活動が行われており、植物由来の肉や菜食主義への消費者の嗜好の変化により、今後増加することが予想されています。

菌糸体の研究開発への投資が増加していることは、世界の菌糸体市場における大きな成長機会の一つです。さらに、菌糸体の特性は、様々なアプリケーションに基づいてカスタマイズすることができるため、消費者は医薬品、建築、電子機器、スキンケア産業で菌糸体ベースの製品を使用すると予測されています。

COVID-19の市場への影響

菌糸体製品はあまり商業化されていないため、COVID-19の感染拡大が世界の菌糸体市場に与える影響はごくわずかです。また、菌糸体は低カロリーで薬効があり、免疫力を高める作用があるため、菜食主義の傾向の高まりが今後10年間の市場成長にプラスの影響を与えると予想されます。したがって、COVID-19の流行中および流行後のいずれにおいても、菌糸体ベースの製品需要は拡大すると予想されます。

主要な市場区分

用途別の市場区分

・食品・飲料産業

・パッケージング産業

・衣料品・アパレル産業

・動物飼料産業

・その他

用途別における世界の菌糸体市場は、食品・飲料産業が支配的であると予想されます。これは、菌糸体が栄養価の高い製品であること、また、様々な製品を派生させるためにカスタマイズや加工が可能であるという特性を持っているためです。

製品別の市場区分

・生

・加工品

製品別では、加工済み菌糸体セグメントの市場シェアが若干高くなっています。これは、製造可能な製品の種類が多いため、世界中のエンドユーザーによる利用が増加しているためです。

形態別の市場区分

・形成済み製品

・粉末

・タブレット・カプセル

形態別では、形成済み製品が、食品・飲料、衣料、包装などの製品への高い採用率により、世界の菌糸体市場を支配しています。粉末タイプは、保存期間と耐久性に優れているため、第2位を占めています。

市場の成長要因

・持続可能な実践と循環型経済の継続的な傾向

・発泡スチロールとポリスチレンの各国での禁止令

・消費者行動と嗜好の変化

・幅広い応用範囲

・低投資、高リターンのビジネス

市場の制約要因

・菌糸体製品の低商品化

・様々な代替品の存在

・労働集約型ビジネス

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]