EV電池構造用接着剤およびシーラント市場、2031年に3億550万米ドル規模到達見込み

EV電池構造用接着剤およびシーラントの概要

接着剤およびシーラントは、自動車の電動化技術の進歩に重要な役割を果たしました。接着剤とシーラントは、電気自動車(EV)バッテリーの航続距離を伸ばし、保護を強化するのに役立ちます。これらの材料は、今後数年間で、ハイブリッド車(HEV)やバッテリー電気自動車(BEV)のバッテリーセル、パック、モジュールの開発に資すると予測されています。

市場の概要

EV電池構造用接着剤およびシーラントの世界市場は、2021年には5,310万米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は18.5%のCAGRで成長し、2031年には3億550万米ドル規模に達すると予測されています。市場は、電気自動車の普及、軽量化ニーズの高まり、電気自動車の衝突安全性向上の重視、バッテリーパックの熱管理および耐衝撃性の向上などの要因によって推進されています。

主要な市場区分

推進タイプ別の市場区分

BEVは、純電気自動車のコストダウンと各国のEVインフラの進化により、HEVやPHEVの販売台数を凌ぐと予想されます。BEVの台頭により、自動車OEMは接着剤とシーラントがEVの熱管理と駆動システムを最適化することを保証することが不可欠になっています。

用途別の市場区分

EV電池では、接着剤とシーラントは主に信頼性が高く長持ちする接着とシーリングに使用されています。これらの接着剤およびシーラントは、振動や衝撃に対する防御とともに、密閉性・接着性を提供します。また、外部の汚染から電池を保護する役割も果たします。世界中で電気自動車の普及が進んでいることから、今後数年間は、構造用途での製品利用の増加が予測されています。

車種別の市場区分

2031年のEV電池構造用接着剤およびシーラントの世界市場では、乗用車セグメントが市場シェアの大半を占めると予測されます。これは、発展途上国と先進国の両方で乗用車用EVの採用が進んでいることに起因しています。2020年には、欧州と中国を筆頭に、世界中で300万台以上の電気自動車が登録されました。厳しい排ガス規制の強化と政府の支援制度や補助金が相まって、近年、乗用車用EVの需要が高まっており、近い将来、製品需要を押し上げる可能性があります。

製品別の市場区分

ポリウレタン系接着剤・シーラントは接着性に優れ、金属、木材、プラスチックなど様々な基材を接着することができます。また、耐薬品性、耐湿性など環境面でも優れています。

地域別の市場区分

2021年のEV電池構造用接着剤およびシーラント市場は中国が支配的であり、2022年から2031年までの予測期間を通じて、その優位性を維持すると予測されます。同国は、世界のEV電池生産の50%以上を占めています。同国はEVの保有台数が最も多く、全世界のEV電池生産量を支配しています。

市場の競合状況

EV電池構造用接着剤およびシーラントの世界市場に参入している主な企業には、3M、Ashland Global Holdings Inc.、DuPont de Nemours, Inc.、Sika AG、Huntsman Corporation、H.B. Fuller Company、Henkel AG & Co. KGaA、Dow、Permabond LLC、LORD Corporation、Jowat SE、Dymax Corporation、Polytec PT GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]