クリーンラベル原料市場、2026年に320億8千万米ドル規模到達見込み

クリーンラベル原料の概要

消費者は、不自然な加工食品や人工成分の悪影響について高い意識を持つようになり、それが透明性へのニーズの高まりにつながっています。クリーンラベル原料は、アスパルテーム、臭素化植物油、人工色素、カラメル色素などの疑わしい成分を含まない消耗品を求める消費者需要の増加に対する食品業界の対応策です。

クリーンラベルは、年々その意味や意義が変化し、進化している概念であることが証明されています。クリーンラベルは、簡単に認識でき、消費に安全であると考えられる天然成分を配合した製品に主に関連しています。クリーンな製剤は、原材料のリストが短いことが特徴で、原材料が少ないことは、天然で高品質な製品を意味するからです。

市場の概要

世界のクリーンラベル原料市場は、2020年に197億7,000万米ドル規模に達しました。2020年から2026年にかけて、市場は8.65%のCAGRで成長し、2026年には320億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。製品の透明性は、メーカーやブランドが消費者に信頼される情報源として浮上する機会を提供し、ひいてはプロバイダーが市場でのイメージと地位を強化するのに役立つと考えられます。製品に関する詳細な情報を提供することは、透明性を高め、消費者の間でブランドロイヤリティーを確立する上で大きな役割を担っています。したがって、顧客の要求を満たすために透明性を提供するブランドは、大きな市場シェアを獲得する可能性を秘めています。

主要な市場区分

用途別の市場区分

用途別では、食品セグメントが市場を支配しています。これは、用途となる食品の種類の多さに起因しています。中でも、ベーカリーと製菓は、最大の市場シェアを占めています。

製品別の市場区分

製品別では、ベーカリーと製菓で大半のシェアを占めるベーキングステープルが優位性を維持すると予想されます。

地域別の市場区分

北米地域は、国内および国際的な市場プレーヤーの高い存在感により、世界のクリーンラベル原料市場をリードすると予想されます。また、北米では、食品・飲料業界からの需要の増加により、有機食材の利用率が高くなっています。

市場の競合状況

世界のクリーンラベル原料市場は、Ingredion Incorporated、Sensient Technologies、Kerry Group plc、Tate & Lyle PLC、Brisan Group、DuPont、Cargill、Incorporated、Archer-Daniels-Midland Company、Corbion Inc.、Givaudanなどが挙げられます。

COVID-19の市場への影響

COVID-19発生以前の時代には、イギリス、フランス、ドイツなどの国々は、人工香料不使用、持続可能な養殖、最小限の加工、抗生物質不使用などの主張に大きな影響を受けていました。一方、中国、ブラジル、メキシコ、トルコの消費者は、健康に影響を与えるクリーンラベルの表示について、より具体的に説明する傾向があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]