歯科用X線撮影装置市場、2031年に39億1,480万米ドル規模到達見込み

市場の概要

歯科用X線撮影装置の世界市場は、2021年に23億2,850万米ドル規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は5.17%のCAGRで成長し、2031年には39億1,480万米ドル規模に達すると予想されています。

口腔癌、口腔疾患の高い有病率と発生率の増加、歯科用X線撮影装置の技術的進歩が、市場成長の主要な推進力となっています。歯科用画像処理システムとソフトウェアの統合、歯科観光の急増、歯科治療と口腔衛生に関する意識の高まりなどの要因が、継続的に歯科用X線撮影装置の進化につながっています。地域市場の可能性の面では、ヨーロッパとアジア太平洋地域は、2022年から2031年までの予測期間中に高いCAGRで成長すると予測されています。口腔障害や口腔癌の有病率の上昇、審美歯科のニーズの高まり、技術導入の増加、医療インフラの改善などが、この地域の市場成長を推進するマクロ要因です。

歯科用X線撮影装置市場は、モダリティを必要とする歯科治療が増加していることから、急速に拡大しています。口腔癌や口腔疾患は、公衆衛生上の重大な問題として浮上しており、口腔衛生に対する意識の高まりが市場の推進要因となっています。インプラント治療、歯内治療、口腔外科、矯正歯科など、歯科治療のさまざまな分野で、基本的な診断ツールとしてX線撮影技術が必要とされています。

市場の促進要因

口腔疾患の高い有病率と発生率の増加は、世界の歯科用X線撮影装置市場の主な成長要因の一つです。また、歯科用X線撮影装置は、近年、さらなる進化を遂げています。パノラマX線撮影では、歯の解剖学的構造、下顎骨や上顎骨の構造変化、周囲の軟組織を分析するために、視野の拡大が不可欠です。市場で新たに発売された製品は、歯科医師が基本的な臨床機能だけでなく、高度な外科的アプリケーションを実行するために必要な機能を包含しています。その結果、口腔診断の成長が歯科用X線撮影装置の世界市場を推進しています。

市場の抑制要因

歯科用X線撮影装置の世界市場の成長を阻害する要因として、放射線被曝に関連するリスクや規制当局の承認の遅れが挙げられます。電離放射線への曝露は、市場の成長を阻害します。また、市場の成長を抑制するもう一つの要因は、歯科処置や装置に関連するコストの高さです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]