衛星スペクトルモニタリング市場、2031年に51億4千万米ドル規模到達見込み

衛星スペクトルモニタリングの概要

衛星スペクトルモニタリングシステムの開発は、利用可能なスペクトルの使用状況を注意深く監視するために極めて重要です。なぜなら、スペクトルはすでに有限の資源であり、商業ラジオやテレビから軍事レーダーまで、すべての無線サービスはこのスペクトル内に収容されなければならないからです。

衛星スペクトル監視システムは地上局の一部であり、各衛星のアップリンクまたはダウンリンクのスペクトルを継続的に監視し、有害な干渉を特定し、衛星サービスの性能劣化を引き起こしている干渉源を突き止めるのに役立ちます。

市場の概要

衛星スペクトルモニタリングの世界市場は、2021年には25億5,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は7.24%のCAGRで成長し、2031年には51億4,000万米ドル規模に達すると予測されています。市場が堅調である主な要因は、防衛、政府、商業など様々なエンドユーザー向けの通信衛星コンステレーションの打ち上げが予測される小型衛星市場の成長が挙げられます。

主要な市場区分

エンドユーザー別

今日の混雑とグローバル化が進むワイヤレス環境では、政府による効果的な規制と周波数管理が不可欠ですが、その実現は困難です。政府機関は、先手を打ち、違反者を捕らえ、紛争を解決するために、最先端のスペクトルモニタリングシステムを持つ必要があります。スペクトルモニタリングシステムは、衛星周波数規制機関が認可された衛星通信信号と認可されていない衛星通信信号を識別し、それぞれの国で使用されている衛星スペクトルを管理し、他の電気通信規制機関との協力関係を向上させるのにも役立っています。また、政府機関がスペクトル規則を導入する前に、帯域の実世界のシナリオを分析し、理解するのにも役立っています。

周波数別

超高周波(SHF)は、衛星通信に使用されるほとんどの周波数帯がこの範囲に含まれるため、予測期間中に最も高い市場シェアを占めると予想されます。この範囲内の周波数は、この帯域の波の大きさにより、天候の影響を受けずに大量のデータを送信することができます。

ソリューション別

ハードウェアには、アンテナ、スペクトルアナライザ/シグナルアナライザ、ベクトル信号アナライザ、リアルタイムスペクトルアナライザ、モニタリングレシーバ、方向探知機などが含まれます。要件に基づいてハードウェアの適切な組み合わせを選択することで、効率を改善できる領域を特定し、さまざまなユーザーやサービス間で公平なアクセスと干渉のない環境を確保し、進化する需要に対応するためのベストプラクティスを実行することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]