脳イメージングモダリティ市場、2031年に202億920万米ドル規模到達見込み

市場の概要

脳イメージングモダリティの世界市場は、2022年から2031年にかけて著しい成長を遂げると予測されています。脳疾患や神経変性疾患の高い有病率と発生率の増加、および脳イメージングモダリティとシステムの技術的進歩が、市場成長の主な要因となっています。脳イメージングモダリティの主要な5つのモダリティには、コンピュータ断層撮影(CT)装置、磁気共鳴画像(MRI)装置、陽電子放射断層撮影(PET)装置、PET-CT装置、PET MRI装置などが含まれます。認知神経科学は、過去20年間に急速に発展してきた分野です。この新しい分野は、人間の認知の神経基盤を解明するために、従来は別々の分野であった認知心理学と神経学の2つを融合させたものです。

市場の動向

脳イメージングモダリティ市場は急速に拡大しており、様々な脳疾患や神経変性疾患(ND)のイメージングに使用されるモダリティの数は増加しています。神経疾患(NDs)の高い有病率と発生率の増加は、世界の脳イメージングモダリティ市場の成長を増大させる主要な要因の1つです。神経疾患と精神障害は、公衆衛生上の重大な懸念事項として、世界の医療制度に対する大きな課題として浮上しています。遺伝性疾患、先天性異常や障害、感染症、ライフスタイル、栄養失調などの環境的健康問題、脳損傷、脊髄損傷、神経損傷などは、神経学的問題の原因の一部となっています。

脳イメージングモダリティの世界市場は、2021年に123億3,420万米ドル規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は5.06%のCAGRで成長し、2031年には202億920万米ドル規模に達すると予測されています。

市場の促進要因

外傷性脳損傷は脳に様々な影響を及ぼす症候群であり、加齢に伴う合併症や治療法も大きな影響を及ぼすため、モニタリングや画像所見に基づき、損傷前の合併症やその治療法を尊重した個別治療アプローチが必要とされています。さらに重要なことは、神経疾患の有病率や発症率が上昇し続ける中、技術的な導入も進展するということです。その結果、疾患診断の採用が拡大し、ひいては脳イメージングモダリティの世界市場の成長が加速されるでしょう。

市場の制約要因

脳イメージングモダリティの世界市場の成長を抑制する要因として、放射線被曝に伴うリスクと規制当局の承認の遅れが挙げられます。医療用画像処理におけるAI対応ソフトウェアの使用に関する政府の厳しい規制により、製品の規制承認が遅れることは、市場の成長を阻害します。さらに、市場の成長を抑制するもう1つの要因としては、医療用イメージングに関連するコストの高さが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]