ネオアンチゲン癌ワクチン市場、2031年に19億8,850万米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

世界のネオアンチゲン癌ワクチン市場は、2024年から2031年にかけて77.73%の著しいCAGRで成長すると予測されています。ネオアンチゲン癌ワクチン市場は、最初のネオアンチゲンワクチンであるDCワクチンの市場への投入が期待されることから、2024年に3,550万米ドル規模に達し、2031年には19億8,850万米ドル規模に達すると予測されています。

ネオアンチゲン癌ワクチン市場の成長は、主に、癌の有病率の上昇、患者の治療を個人レベルで調整する個別化医療の採用増加、研究開発を実施するための多額の外部資金の投入などの要因に起因しています。しかし、個別化癌ワクチンの高コスト化、臨床開発のハードル、支払いの不確実性とアウトカムベースの価格設定などの重大な課題が、市場の制約要因として予測されています。

市場のセグメント 

ネオアンチゲン癌ワクチン市場は、製品タイプ、疾患/用途、ワクチンの種類、治療のライン、開発フェーズ、投与経路に基づいて区分されています。

製品タイプに基づいて、市場は個別化ネオワクチンと既製ネオワクチンに区分されます。

疾患/用途に基づいて、市場は肺癌、泌尿器系癌、メラノーマ、肝臓癌、頭頸部癌、血液・骨髄癌に区分されています。

ワクチンの種類に基づいて、市場は核酸ワクチン、ペプチドワクチン、樹状細胞ワクチンに区分されています。

治療のラインに基づいて、市場はファーストライン、セカンドライン、およびそれ以降の治療に区分されています。

開発フェーズに基づいて、市場はフェーズI、II、IIIに区分されています。

投与経路に基づいて、市場は皮内投与、皮下投与、筋肉内投与に区分されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]