インシリコ創薬市場、2031年に65億1,530万米ドル規模到達見込み

市場の概要

インシリコ創薬手法は、バイオインフォマティクスツールを用いて創薬標的を同定するのに役立ちます。また、この方法は、結合活性部位の可能性があるターゲットの構造を解析するためにも使用されます。計算機による手法とコンピュータの利用は、創薬とドラッグデザインのあらゆる側面に浸透しています。これらの方法は、大量に生成されたデータへのアクセスを容易にし、広範で複雑な生物学的データを創薬プロセスに有用な知識へと変換しています。これらの計算ツールは、新薬の候補をより早く、より低コストで提供できるという利点を備えています。

インシリコ創薬市場は安定して成長しており、世界市場は2020年に21億2,980万米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は10.52%のCAGRで成長し、2031年には65億1,530万米ドル規模に到達すると予測されています。

市場の動向

インシリコ創薬市場の成長要因としては、医療過誤の減少が重視されるようになったこと、計算生物学の分野における技術的進歩、創薬手順におけるクラウドベース・アプリケーションの採用拡大などが挙げられます。新薬の開発は、計算科学的手法によって成功裏に行われてきました。計算生物学の発展により、シーケンサーのデータ解析と分析段階が緩和され、所要時間の短縮と精度の向上が実現されました。

主要な市場区分

インシリコ創薬市場は、ワークフロー、製品、技術、ソフトウェアタイプ、エンドユーザー、地域に基づいて区分されています。

地域別では、医療インフラの整備、一人当たり所得の増加、保険償還政策の改善により、北米が最大のシェアを占めています。また、アジア太平洋地域とヨーロッパ地域は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]