無細胞DNA分離・抽出市場、2031年に7億3,510万米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

無細胞DNA分離・抽出キット、チューブ、その他の消耗品の使用は、癌の有病率の上昇、主要プレイヤーの取り組みの増加、無細胞DNA分離・抽出市場における政府の取り組みの拡大により増加しています。業界の需要を満たすためにヘルスケア企業が常に多額の投資を行い、主要なエンドユーザーの間で無細胞DNA分離・抽出キット、チューブ、試薬の採用が拡大していることが、世界の無細胞DNA分離・抽出市場の成長を推進する主な要因となっています。世界の無細胞DNA分離・抽出市場は、2020年に1億6,990万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は14.19%のCAGRで成長し、2031年には7億3,510万米ドル規模に達すると予測されています。

市場の競合状況

世界の無細胞DNA分離・抽出市場は、老舗と新興の企業で構成されています。いくつかの企業は、異なるサンプルタイプから無細胞DNAを分離・抽出するための新製品を発売したり、新製品開発のための資金を調達したりして、市場での地位を維持しようと試みています。世界の無細胞DNA分離・抽出市場の主要プレイヤーは、2018年1月から2021年11月までの期間に、製品発売、製品承認、事業資金調達、相乗的活動を展開しています。製品の発売に関する企業の傾向は、企業が無細胞DNAを分離するための新製品を継続的に市場に投入していることを示しており、これは主にリキッドバイオプシー研究の増加と規制機関による複数のリキッドバイオプシーアッセイの承認に起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]