電動・ハイブリッド電動航空機推進システム市場、2035年に749億米ドル規模到達見込み

電動・ハイブリッド電動航空機推進システムの概要

電動の模型飛行機や無人航空機(UAV)は1970年代から飛行しています。しかし、1917年には世界初の電動式有人テザーヘリが開発されました。また、1973年10月には、史上初の電動飛行機「MB-E1」が飛行しました。この他にも、空の旅をより快適にするために、多くの電動航空機の試作品が開発・テストされています。

ハイブリッド電気推進は、従来の内燃機関システムと電気推進システムを組み合わせたものです。このタイプの推進システムは、空気中に有害な成分を排出しないため、空の旅による総汚染レベルを低減することができます。ハイブリッド電気推進は、シリーズ・ハイブリッド推進とパラレル・ハイブリッド推進に分類されます。

電動・ハイブリッド電動航空機推進システム市場の概要

各国政府は、ラムジェットやスクラムジェットなどの高速推進システムの開発に多大な資源を投入しています。高速航空機は、空気を吸い込むラムジェットエンジンやスクラムジェットエンジンを使用し、超高速でのホバリングを可能にします。

電動・ハイブリッド電動航空機推進システムの世界市場は、2025年から2035年の予測期間中、年平均成長率(CAGR)18.39%で推移し、2035年には749億米ドル規模に達すると予測されています。

主要な市場区分

電動・ハイブリッド電動航空機推進システム市場:推進タイプ別

ハイブリッド電気推進セグメントは、民間航空業界での高い導入率により、将来的に高い投資が見込まれることから、世界の電動・ハイブリッド電動航空機推進システム市場を支配すると予想されています。

電動・ハイブリッド電動航空機推進システム市場:地域別

電動・ハイブリッド電動航空機推進システム市場は、予測期間中、北米が世界を席巻すると予想されています。この地域では、次世代航空機の研究開発が急速に進んでおり、これが今後数年間、電動・ハイブリッド電動航空機推進システムの需要を高めると予想されます。

市場の競合状況

電動・ハイブリッド電動航空機推進システム市場における主要な企業としては、3W International GmbH, Airbus S.A.S., Boeing, Cranfield Aerospace Solutions, General Electric Company, GKN Aerospace Services Limited, Honeywell International Inc., Israel Aerospace Industries Ltd., Lockheed Martin Corporation, MagniX, Rolls-Royce Holdings plc., Safran S.A., Siemens AG, Raytheon Technologies Corporation, Leonardo S.p.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]