窒化ガリウム市場、2031年に29億5,603万米ドル規模到達見込み

市場の概要

窒化ガリウム(GaN)は、六方晶の結晶構造を持つため、非常に硬く、機械的に安定したワイドバンドギャップ(WBG)半導体です。窒化ガリウムは、シリコン(Si)や炭化ケイ素(Sic)などの半導体の中でも、信頼性、小型化、高効率、高速スイッチング、低オン抵抗、高熱伝導などが重要な要素となっており、市場で採用されています。

窒化ガリウム市場は1990年以降、技術的進歩により大きく発展しています。窒化ガリウム市場のエコシステムは、GaNウエハーメーカー、GaNエピタキシーメーカー、GaNデバイス加工メーカー、GaNモジュールメーカー、エンドユーザーで構成されています。市場はまだ発展途上で、北米を筆頭に、欧州、アジア太平洋地域、英国、中国、その他の地域と続いています。

窒化ガリウムの世界市場は、2020年に2億7千万米ドル規模に達しました。2021年から2031年にかけて市場は24.65%のCAGRで成長し、2031年には29億5,603万米ドル規模に達すると予想されています。窒化ガリウム市場は、電気自動車の効率向上を目的としたGaNの使用、GaNエコシステムの継続的な技術進歩、高周波(RF)アプリケーションにおけるGaNの適合性、市場からシリコンを一掃することができるその特性など、いくつかの要因によって牽引されています。

市場区分

アプリケーション別

窒化ガリウムのアプリケーションの中では、RFデバイスが市場を支配しており、予測期間中、最大のアプリケーションになると予想されています。RFデバイスのアプリケーションセグメントで窒化ガリウムの使用が拡大しているのは、主に、その高性能、高効率送出、およびこれらのデバイス用の信頼性の高い半導体材料が原因です。GaNベースのRFデバイスに取り組んでいる企業は、窒化ガリウム技術の研究開発に多額の投資を行っています。

基板タイプ別

さまざまなタイプの窒化ガリウム基板の中で、GaN-on-Siが市場を支配しており、予測期間中に最大の基板タイプになると予想されています。GaN-on-Si基板の優位性は、RFデバイス(無線インフラ、航空宇宙・防衛、衛星通信、ポイント・ツー・ポイント・ラジオ、その他)、オプトエレクトロニクス(LED、レーザー、その他)、パワーエレクトロニクス(電源、EV/HEV、LiDAR、サーバー・データセンター、ワイヤレスパワー、太陽光発電、封筒追跡、UV検出器、その他)などの窒化ガリウムのアプリケーションで幅広く使用されていることに起因しています。

地域別

窒化ガリウムの需要は、地域によって異なります。窒化ガリウム市場は、北米、アジア太平洋および日本、欧州、英国、中国、その他の国々で大きなシェアを占めており、中でも北米は2020年の窒化ガリウム市場において金額ベースで最大の地域となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]