精密農業市場、2026年までに109億3千万米ドル規模到達見込み

精密農業市場の概要

精密農業市場は、農業を正確かつ精密に行うために採用される手法と定義されます。その手法には、人工知能の利用、センサー、ドローン、ロボット、自動化されたハードウェア、テレマティクス、ソフトウェア、自律走行車などの幅広い技術が含まれます。例えば、GPSは衛星から位置情報を受信し、畑の座標に基づいて農家のトラクターを制御するために使用されます。

世界の精密農業市場は、2021年から2026年の予測期間中に14.8%のCAGRで成長し、2026年までに109億3千万米ドル規模に達すると予想されています。この市場の成長率は、世界的な食糧需要の増大に対応するための農業生産量の増加につながるため、精密農業サービスに対する政府の取り組みが世界的に活発化していることが背景にあります。精密農業技術は、作物の収穫量を増やし、無駄を省き、食料安全保障を確保するために、世界中の農家で採用されています。これにより、世界の精密農業市場の成長が加速しています。

COVID-19の精密農業市場への影響

精密農業市場は、2020年にCOVID-19のパンデミックにより移動が制限されたことで落ち込みました。世界各国でロックダウンが実施されたため、サプライチェーンも寸断され、農業に必要な機器やその他の投入物が不足しました。このため、企業はリモートセンシングやその他の農業管理ツールの利用に注目しており、これにより精密農業の導入が促進される可能性があります。

市場区分

市場区分:アプリケーション別

精密灌漑は、作物が必要とする水量を評価し、先進的なシステムを導入することで、作物の健康を促進し、栄養、化学物質、水の浪費を削減する革新的な手法です。センサーやドローンを使って収集したデータに基づいて、灌漑のスケジュールを立てることができます。また、利用可能な土地資源を無駄にすることなく、適切な時期に適切な場所で植物や作物に適切な量の水を供給することも含まれます。

畑作物による精密農業市場

畑作物は、農業界が日々の収入を得るために主に注目している伝統的な農作物の主流です。これらの作物は、大規模な消費を目的として栽培されます。果物や野菜の生産には、手作業での収穫や個別のケアが必要ですが、畑作物は一般的に大量に加工されます。

市場区分:技術別

誘導技術は、主に全地球測位システム(GPS)と全地球測位衛星システム(GNSS)の技術で構成されており、農業分野ではナビゲーションを目的として利用されています。ナビゲーションは衛星を介して行われ、受信機やユーザーに信号を送り、農場の位置に関する正確な情報を提供します。このような機器は、効率的な作物モニタリングを可能にします。GPS/GNSS機器およびソフトウェアサービスは、自動記録管理、車両ナビゲーション、車両間通信などの用途にも使用できます。

市場区分:ソリューション別

精密農業ソリューションのハードウェアシステムは、自動化・制御システム、センシング・ナビゲーションシステム、およびスマートスプレーやスプリンクラーなどのその他の機器に大別されます。ハードウェアソリューションは、ディスプレイ、GPS/GNSSデバイス、携帯型モバイルデバイスなど、さまざまなタイプのツールやデバイスで構成されています。

市場区分:地域別

北米は、世界的な食糧需要の増加に対応するため、新技術をいち早く導入してきました。北米には、精密農業技術の中心地である米国を筆頭に、先進的な精密農業のマーケットリーダーや貢献者が多く存在します。過去20年間で、精密農業の手法は、地域の農家が農作業を容易にし、高品質の作物を生産するために徐々に採用されてきました。この地域の農家は、技術革新の導入に前向きになるよう、十分なトレーニングを受けています。

市場の競合状況

世界の精密農業市場における主要な企業としては、AGCO Corporation, CLAAS Group, CNH Industrial N.V., John Deere, Hexagon Agriculture, Kubota Corporation, TeeJet Technologies, The Toro Company, Topcon Corporation, Yanmar Co. Ltd.、マイクロソフト株式会社、AGRIVI、BASF SE、グラニュラー社、IBM社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]