次世代バイオマニュファクチャリング市場、2031年に852億120万米ドル規模到達見込み

バイオマニュファクチャリングの概要

バイオマニュファクチャリングとは、医薬品、食品・飲料加工、工業用途に使用するために、生物学的システムを利用して商業的に重要な生体分子を生産するプロセスのことです。バイオマニュファクチャリングを行うためには、血液、微生物の培養液、動物細胞、植物細胞などの天然資源を利用することが多いです。また、製造プロセスで使用される細胞は、遺伝子工学技術を用いて得られることもあります。

次世代バイオマニュファクチャリングの市場概要及び市場区分

世界の次世代バイオマニュファクチャリング市場は、2021年から2031年の予測期間において14.85%のCAGRで成長し、2031年には852億120万米ドル規模に達すると予想されています。

次世代バイオマニュファクチャリング市場は、ワークフロー、製品、医療用途、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

世界の次世代バイオマニュファクチャリング市場は、ワークフロー別に見ると、主に上流のバイオマニュファクチャリングで占められています。これは、上流のバイオマニュファクチャリングでは、下流のバイオマニュファクチャリングに比べて高コストの機器が多数使用されることが主な要因です。しかし、予測期間中、下流のバイオマニュファクチャリングは、上流のバイオマニュファクチャリングに比べて高いCAGRを示すことが予想されます。これは主に、クロマトグラフィー製品群や下流工程で使用されるろ過システムの継続的な製品革新によるものです。

地域別の市場動向及び予測

2020年の世界の次世代バイオマニュファクチャリング市場は、各地域の中では北米が優勢でした。先進的なインフラを備えた大規模で設備の整ったバイオマニュファクチャリング施設と、バイオマニュファクチャリング分野への強力な投資が、北米の次世代バイオマニュファクチャリング市場の成長を大きく促進しています。さらに、北米で拡大を続けるバイオ医薬品・バイオロジクス産業は、この市場の成長に大きな期待を寄せており、市場への参入を試みる投資家の注目を集めています。さらに、米国にはThermo Fisher Scientific, Inc.、GE Healthcare、PBS Biotech, Inc.、CESCO Bioengineering Co. Ltd.、Meissner Filtration Products, Inc.などの主要企業が米国に本社を置いており、同地域の市場をさらに強化しています。

2021年から2031年までの予測期間中、すべての地域の中で、アジア太平洋地域が最も高いCAGRを示すと予想されています。これは主に、日本、インド、オーストラリア、韓国、シンガポールなどのアジア太平洋地域の新興国が、技術的に優れたバイオ製造装置を大量に導入していることに起因しています。アジア太平洋地域の新興国では、製品需要の増加に対応するために新たな設備を導入する動きが活発化しており、これが次世代バイオマニュファクチャリング市場の成長を後押しするものと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]