癌マイクロバイオームシーケンシング市場、2021年から2031年の予測期間においてCAGR 20.01%で成長見込み

市場の概要

癌マイクロバイオームシーケンシングの世界市場は、2021年から2031年の予測期間においてCAGR20.01%で成長すると予測されています。この市場は、癌におけるマイクロバイオームの可能性が重視されるようになったこと、世界的な癌の有病率の増加、シーケンスのコスト低下など、特定の要因によって牽引されています。

また、バイオテクノロジー企業は、トランスレーショナルリサーチや診断などの用途に向けた癌マイクロバイオームシーケンシングソリューションの開発に注力しており、癌の発現や進行に対するマイクロバイオームの影響を解明するために、研究者や臨床医を支援しています。癌マイクロバイオームシーケンシング製品・サービスの開発により、研究コミュニティは、マイクロバイオームに関連する新規癌バイオマーカーを発見するための効果的な戦略を確立することができ、これを臨床用の癌マイクロバイオームシーケンシング製品の開発に活用することができました。

市場の区分

癌マイクロバイオームシーケンシングの世界市場は、提供物、用途、技術、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

市場の競争状況

世界的に癌患者数が急激に増加していることを受けて、バイオテクノロジー企業は、医師による癌の早期発見を支援するために、マイクロバイオームを利用した新しい診断ツールの開発に投資しています。イルミナ社は、広範な製品ポートフォリオと広大な地域での存在感により、癌マイクロバイオームシーケンスのエコシステムにおけるリーディングカンパニーとなっています。

地域別では、北米が癌マイクロバイオームシーケンシング市場で最大のシェアを占めています。これは、米国にイルミナ社などの市場リーダーが存在し、トランスレーショナルリサーチのために高忠実度の癌マイクロバイオームシーケンシング製品およびサービスを大幅に採用しているためです。また、連邦政府機関からの資金提供の増加や、製品開発への投資の増加などが挙げられます。一方で、2021年から2031年までの予測期間中、アジア太平洋地域が最も速いCAGRで成長すると予想されています。これは主に、医療意識の向上、経済の安定による研究への注力、先進的な癌診断法の普及などの要因によるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]