着床前遺伝子検査市場、2031年に27億2,570万米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

着床前遺伝子検査(PGD)は、遺伝子疾患を子孫に伝えるリスクが高いカップルの間で行われます。この技術は、体外受精センターで世界的に採用されており、移植する優性胚を選択し、臨床妊娠、胚移植、生児出生率などの臨床結果を向上させています。また、妊娠開始前に遺伝子異常のある着床前胚を特定できることは、絨毛膜絨毛サンプリングや羊水穿刺に代わる魅力的な手段となります。

着床前遺伝子検査は、その技術と認知度の向上に伴い、今後数年間で大きな成長が見込まれています。

着床前遺伝子検査の世界市場は、2020年には9億7,210万米ドル規模に達しました。2021年から2031年の予測期間には9.69%のCAGRで成長し、2031年には27億2,570万米ドル規模に達すると予想されています。

この成長の要因は、世界的な妊産婦の高齢化、体外受精の普及、遺伝子検査に対する意識の高まり、予測検査の重要度の向上にあります。また、バイオテクノロジー企業が、遺伝子検査技術の向上や価格の改善のために継続的に多額の投資を行っていることも、着床前遺伝子検査の普及を促進しています。

市場の区分

着床前遺伝子検査市場は、製品、アプリケーション、エンドユーザー、技術、地域に基づいて分類されています。

市場の競争状況

健康的な出産のためのオプションとして体外受精施設の利用が急激に増加していることや、世界的に遺伝子検査の価格が上昇していることから、消費者の間で意識と需要が高まっており、企業は着床前遺伝子検査の開発に投資しています。Agilent Technologies, Inc.やNatera, Inc.などの企業は、主要な開発を通じて市場での存在感を高めるために、主要な戦略を取り入れています。その他、Thermo Fisher Scientific、PerkinElmer, Inc.、Invitae Inc.、Igenomixなどの企業が市場に貢献しています。

地域別では、北米が着床前遺伝子検査市場の最大のシェアを占めています。これは、規制が緩和され、多くの体外受精施設が着床前遺伝子検査を提供しているためです。また、バイオ企業が遺伝子検査施設を改善するために多額の投資を行っていることや、一人当たりの所得が増加していることに伴う技術の進歩も、この地域の市場の成長を促進しています。一方で、アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]