分子診断市場、2031年に242億2,800万米ドル規模到達見込み

市場の概要

診断検査は、がん治療の個別化に必要な情報を提供する遺伝子検査から、感染症に対する正確な抗生物質を特定する微生物培養まで、医療のあらゆる段階で重要な知見を提供します。特定の疾患に対する個人の治療の全過程(すなわち、予防、発見、診断、治療、健康状態の管理)における診断検査は、治療と同様に重要です。そのため、さらなる改良のために広範な研究が行われています。

分子診断市場は2020年の109億1,460万米ドルから2031年には242億2,800万米ドル規模に拡大し、2021年から2031年の予測期間中に7.38%のCAGRで成長すると予測されています。

市場の動向

市場の成長を促進する要因としては、感染症や様々な種類のがんの有病率が非常に高まっていること、世界的なレベルで個別化医療に対する認識と受容が高まっていること、研究開発演習を実行するための外部からの多額の資金提供などが挙げられます。しかし、市場は急速に成長していますが、今後さらに成長を加速させるためには、いくつかの重要な問題に対処する必要があります。不確実な償還シナリオ、複雑な検査センターの不足、新しい分子診断テストの承認を遅らせる複雑な規制の枠組みなどが、市場の成長を妨げています。反対に、新興国における分子診断の導入余地の大きさや、次世代の超高感度分子診断の台頭、新たな収益源などの機会が、市場のさらなる成長要因と考えられています。

市場の区分

分子診断市場は、製品、検査場所、アプリケーション、技術、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

市場の競争状況

世界的な感染症や各種がんの急激な増加により、企業は分子診断などの先端技術への投資を積極的に行っています。

地域別では、北米が最大のシェアを占めています。これは、同地域における医療インフラの整備、国民一人当たりの所得の増加、償還制度の改善などによるものです。しかし、予測期間中、アジア太平洋地域とヨーロッパ地域が最も高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]