電気自動車用ワイヤーハーネスおよびコネクター市場、2031年に228億7千万米ドル規模到達見込み

電気自動車用ワイヤーハーネスおよびコネクターの概要

ワイヤーハーネスとは、自動車の電気信号を伝達するための電線、コネクター、リレー、ヒューズ、スイッチなどをまとめたものです。ワイヤーハーネスは、車両の安全性と快適性のために、緩んだワイヤーを適切な場所にしっかりと固定するのに役立ちます。ワイヤーハーネスは、低電圧と高電圧の条件で動作します。ワイヤーハーネスとコネクターは、電気自動車の普及に伴い、車両の動力源であるバッテリー回路に高電圧の電線が使用されるようになってきたことから、普及が進んでいます。

世界の電気自動車用ワイヤーハーネスおよびコネクター市場の概要

電気自動車用ワイヤーハーネスおよびコネクターの世界市場は、2021年から2031年の予測期間中に23.37%のCAGRで推移し、2031年には228億7千万米ドル規模に達すると予測されています。最近の調査によると、電気自動車の分野での急速な進歩が、ワイヤーハーネスとコネクターの需要拡大に有利に働いています。電気自動車は、従来のICE車に比べて約2倍の量の電線を使用します。そのため、電気自動車では配線の重量が増加しています。そのため、OEMメーカーは、ワイヤーハーネスの重量を減らし、自動車の走行距離を伸ばすために、アルミ製のワイヤーハーネスを採用する傾向にあります。さらに、電気自動車に搭載される高電圧のバッテリーエコシステムのために、高電圧ワイヤーの需要が高まっています。

市場区分:推進タイプ別

電気自動車用ワイヤーハーネスおよびコネクターは、アジア太平洋地域と日本でHEVが多数生産されているため、2020年に大きな市場評価額を示しました。日本は、電気自動車業界でのシェアをHEVに依存しており、三菱自動車、日産自動車、ホンダなどの大手企業がHEVを生産している最大級の市場です。しかし、BEVはHEVよりも多くの電線を使用するため、予測期間中に市場はBEVに移行すると考えられます。また、BEVはHEVに比べてバッテリーが大きいため、高圧電線が太く大きくなります。

市場区分:車両タイプ別

予測期間中、乗用車用セグメントが市場を支配すると予想されます。これは、商用車に比べて乗用車の台数が多いことに起因しています。ただし、商用車はサイズが大きく、機能が複雑なため、ワイヤーハーネスやコネクターの使用量が多いことに留意する必要があります。また、電気自動車の分野では商用車の導入が進んでいるため、今後も高い成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]