手術用顕微鏡市場、2031年に35億7,820万米ドル規模到達見込み

手術用顕微鏡の概要

複式顕微鏡は1590年に発明され、17世紀後半には傷口の検査などに使われていましたが、重く、大きく、色収差や球面収差による画質の悪さなどの問題点がありました。1800年代後半にエルンスト・アッベが数値絞りを発明し、顕微鏡の解像度が大幅に向上しました。その後、単眼顕微鏡や双眼顕微鏡が三脚や光源と組み合わされ、さまざまな検査に用いられるようになりました。

手術用顕微鏡は、魅力的な特徴を持つ精密機器として繰り返し改良を加えられてきました。高精度の光学系と高出力の同軸照明を備えており、倍率を変えたり、適切な距離で作業したり、術野全体を見渡したりすることができます。手術用顕微鏡は、鮮明で明るい視覚化、容易な記録と適応、安定性、操作性、人間工学の向上など多くの利点があるため、神経・脊椎手術、耳鼻咽喉科手術、歯科、眼科、形成・再建手術など、さまざまな手術で使用されています。

手術用顕微鏡市場の概要

手術用顕微鏡市場は、2020年には9億2,830万米ドル規模に達しました。2021年から2031年までの予測期間中、市場は13.3%のCAGRで成長し、2031年末には35億7,820万米ドル規模に達すると予測されています。

現在、世界の手術用顕微鏡市場では、進歩・発展する技術が道を切り開き、その存在を確立しています。病院や診療所で簡単に使用できる最新技術の導入により、これらの開発・新技術が市場全体の成長を促進する可能性が非常に高くなっています。

手術用顕微鏡は、倍率の調整が可能で、優れた照明効果があり、術野を鮮明に見ることができるため、手術室での採用が増えています。イメージガイデッドサージェリーでは、最先端の手術用顕微鏡に、光干渉断層撮影(OCT)、蛍光イメージング、拡張現実(AR)などのイメージングモダリティを組み合わせます。

手術用顕微鏡が使用される領域には、耳鼻咽喉科、歯科、神経科、整形外科、婦人科などがあります。最近では、傷跡を残さない技術や入院期間の短縮など、MISが提供する様々な利点により、患者が低侵襲手術に移行していることが確認されています。また、エンドユーザーが侵襲的な技術よりも非侵襲的な診断技術を好む傾向にあることも、予測期間中の市場成長を牽引すると予想されています。

市場区分:製品タイプ別

手術用顕微鏡市場は、製品タイプに基づいて、従来型顕微鏡と高性能顕微鏡に区分されています。

手術用顕微鏡市場では、従来型顕微鏡が最も高い収益を上げていますが、2021年から2031年にかけては、高性能顕微鏡が急速な成長を示すと予想されています。これは主に、LEDライトの搭載、より優れた視覚化、精度の向上など、技術的に高度なオプションや機能の増加によるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]