垂直農法市場、2026年に198億6千万米ドル規模到達見込み

垂直農法の概要

垂直農法とは、垂直方向に傾斜した面で様々な野菜や果物を生産する農法です。従来の畑や温室での野菜や果物の栽培とは異なり、垂直農法では、輸送用コンテナや再利用された倉庫、超高層ビルなどの構造物を利用して、垂直方向に何層にも積み重ねて生産します。

さらに、垂直農法は、ビッグデータ分析、ロボット工学、IoT(Internet of Things)、AI(Artificial Intelligence)などの多くの技術を統合した作物生産システムでもあります。このような技術は、農学的な制約を受けずに作物が順調に育つのに役立ちます。垂直農法では、作物を常に観察し、農場内の温度、湿度、照明、空気循環を維持するために、いくつかの技術が必要です。垂直農法で利用される高度な技術は、作物の生産、収穫スケジュール、品質管理にも役立ちます。また、農場の適応力を高め、新たな、あるいは予期せぬ危険を回避するのにも役立ちます。

世界の垂直農法市場の概要

世界の垂直農法市場は、2020年には55億米ドル規模に達しました。2021年から2026年の間に市場は24.3%のCAGRで成長し、2026年には198億6千万米ドル規模に達すると予測されています。市場の成長は、農村部から都市部への人口移動や、耕地面積の減少などの影響を強く受けています。これ以外にも、従来の農業に比べて優れていることや、発光ダイオード(LED)技術の進歩、高品質・高レベルの食品安全性の保証などの要因も市場を牽引しています。

市場区分:メカニズム別

垂直農法は、水耕栽培、エアロポニックス、アクアポニックスなど、さまざまなメカニズムで行われます。水耕栽培は水の中で植物を育て、エアロポニックスは空気中に植物を浮遊させて育て、アクアポニックスは、水耕栽培と魚の養殖を統合した優れたシステムで、植物を育てるために水と魚の両方を必要とします。

世界の垂直農法市場では、水耕栽培分野が最大の規模を誇ります。水耕栽培の農場は、植物の成長を最適化し、地元の新鮮な食材を提供し、水、スペース、輸送、農薬の使用を最小限に抑えることができます。また、水耕栽培は、温室内で自然光を利用して行うことができますが、スペースを節約するためにLEDライトを使用するのが一般的です。このように水耕栽培には様々な利点があるため、世界中でその需要が高まっています。

市場区分:製品別

垂直農法に使用される製品(コンポーネント)は、照明装置、水耕栽培コンポーネント、気候制御装置、センシング装置など多岐にわたっています。照明器具の需要は、先進国と発展途上国の両方でプラスの成長を遂げると考えられます。このような成長は、主に、若い植物の繁殖、より健康的な作物の栽培、無農薬の作物など、照明器具の利点によるものです。また、垂直農法用照明を使用して複数の層の作物を照らすことで、より少ない設置面積で高い収穫量を得ることができ、作物の生産量を増やすことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]