インターベンショナルオンコロジーデバイス市場、2030年に78億6,110万米ドル規模到達見込み

市場の概要

インターベンショナルオンコロジー(腫瘍治療)は、化学療法に反応せず、手術にも適さないがん患者に適した治療法です。インターベンショナルオンコロジーには、塞栓除去装置やアブレーション装置などのデバイスや、カテーテルなどのサポートデバイスが必要となります。

世界のインターベンショナルオンコロジーデバイス市場は、医療機器エコシステムの中でも新興の市場です。この市場は、がん治療のための先進的なソリューションを開発している様々な主要医療機器企業や複数の新興企業で構成されています。さらに、この市場では、がん治療における技術統合をさらに向上させるユニークな製品も開発中です。

世界のインターベンショナルオンコロジーデバイス市場は、2020年に24億2,920万米ドル規模に達しました。

2021年から2030年までの予測期間中、市場は12.35%のCAGRで成長し、2030年には78億6,110万米ドル規模に達すると予測されています。

市場の成長要因

市場の成長を促進する要因としては、がんの高い罹患率と増加、先進国におけるインターベンショナルオンコロジーへの有利な償還シナリオ、がん治療におけるインターベンショナルオンコロジーの役割の拡大、インターベンショナルオンコロジー分野の研究に対する民間および政府の資金や助成金の利用可能性などが挙げられます。

特に新興国では、がんの有病率が増加し続けるため、テクノロジーの導入が進みます。これは結果的にインターベンショナルオンコロジーの成長を進め、ひいては世界市場の成長にもつながるでしょう。

市場の制約要因

世界のインターベンショナルオンコロジーデバイス市場の成長を阻害する要因としては、製品リコールによる経済的負担、局所療法の臨床的エビデンスの不足、訓練を受けたインターベンショナルオンコロジストの不足などが挙げられます。臨床データの不足や、インターベンショナルオンコロジーデバイスの使用に伴う重篤な副作用の増加により、インターベンショナルオンコロジーデバイスの製品回収が相次ぎ、インターベンショナルオンコロジーデバイス市場の成長を決定的に阻害しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]