バイオメトリクス認証・識別市場、2026年に87億9,890万米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

世界のバイオメトリクス認証・識別市場は、今後数年間、成熟度のピークを維持し、新たなアプリケーションの範囲を通じて拡大を続けると予想されていますが、指紋認証や顔認証などのセグメントでは、COVID-19により消費者の行動に顕著な変化が見られます。生体認証システムに人工知能(AI)やクラウドコンピューティングなどの複数の技術が統合されたことで、市場のビジネスチャンスが顕著に拡大しています。

最新のトレンドは生体認証であり、認証市場はターンキーソリューションではなく、サービスとしての認証を提供しています。企業は、クラウドコンピューティングやクラウドストレージの可能性を追求し、全体的な運用コストを削減する一方で、消費者に望ましいセキュリティ対策を提供しています。ハードウェアの信頼性の低下と、ソフトウェアの成熟度、運用能力、精度の向上が、この市場の成長分野を決定するでしょう。

米国、カナダ、ロシア、フランス、ドイツ、英国、インド、中国、日本、オーストラリアなどの国々が直面しているデータ漏洩、マルウェア攻撃、その他のサイバー犯罪の増加により、政府機関やその他の組織はセキュリティレベルや認証システムの向上を余儀なくされており、世界のバイオメトリクス認証・識別市場に注目すべき需要が発生しています。このバイオメトリクス認証システムは、最も安全で信頼性の高いアクセス管理ソリューションの一つであり、世界各国で採用されています。先進国や発展途上国のいくつかの国では、国民を識別し、法的運用を最適化するために、大量のIDプログラムをすでに確立しています。

しかし、公共の場でバイオメトリクス認証を使用することは、個人のプライバシーを無断で侵害しているという理由で抵抗感があります。このような問題に対応している規制機関や制度はなく、これが市場の最大の課題の一つとなっています。

バイオメトリクス認証・識別の世界市場は、2021年から2026年の予測期間中、年平均成長率(CAGR)16.30%で推移し、2026年には87億9,890万米ドル規模に達すると予測されています。

市場区分:エンドユーザー別

世界のバイオメトリクス認証・識別市場のエンドユーザーのうち、政府機関が今後数年間で最も高い市場シェアを獲得すると考えられます。この成長の要因は、世界各国の政府機関が行っている大規模な本人確認の取り組みにあると考えられます。また、公共交通機関や教育機関などの政府機関では、バイオメトリクス認証を統合することにより、この分野でのビジネスチャンスが拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]