シミュレーションソフトウェア市場、2025年に202億7,670万米ドル規模到達見込み

シミュレーションソフトウェアの概要

シミュレーションとは、提案されているシステムや既存のシステムを抽象的に表現したモデルを作成し、システムを制御するさまざまな要因を理解・特定したり、異なる状況下でのシステムの動作を予測したりするプロセスです。シミュレーションソフトウェアは、システムの運用、プロセス、製品設計のモデル化に使用されることが多くなっており、さまざまなユーザーがプロセスとシステムの関係を研究できるようになっています。

世界のシミュレーションソフトウェア市場の概要

世界のシミュレーションソフトウェア市場は、2025年に202億7,670万米ドル規模に達すると予想されています。生産コストやトレーニングコストを削減するための効果的なソリューションに対する需要の高まりや、AR/VR、デジタルツイン、3Dプリントなどの先進技術に向けたシミュレーションソフトウェアの機能の向上が、シミュレーションソフトウェア市場の成長を促進しています。

市場区分:エンドユーザー別

2020年の世界のシミュレーションソフトウェア市場では、設計エンジニアのカテゴリーが主要なシェアを占めています。設計エンジニアは、製品の性能やコストなど、目標とする要件を満たすように製品を定義する責任があります。彼らはシミュレーションソフトウェアのDTC/DFM(Design-to-Cost/Design-for-Manufacturing)インサイトを使用して、目標とする製品コストと製造の容易さを実現します。これらのソフトウェアが製品設計に多く使用されていることが、このカテゴリーが市場の大半を占めている主な要因となっています。

市場区分:組織規模別

売上高が10億米ドルから50億米ドル規模の大企業が、この市場の主要なカテゴリーです。このカテゴリーの企業数が多いことに加えて、研究開発(R&D)投資やIT(情報技術)予算が多いことが、このカテゴリーの成長を加速する主な要因となっています。しかし、予測期間中には、零細企業と小規模企業が最も成長率の高いカテゴリーとなり、それぞれ17.1%、16.5%のCAGRで成長すると予想されています。

市場区分:産業分野別

シミュレーションソフトウェアの導入において、産業機器は最も優勢な産業分野であり、2020年には35.4%のシェアを占めます。産業機器分野には多くの企業が存在し、高い売上原価(COGS)、高額なIT予算、研究開発活動への高額な投資などが、このカテゴリーが市場を支配している主な要因となっています。

市場の競合状況

世界のシミュレーションソフトウェア市場における主要な企業としては、ANSYS, Inc.、SAP SE、Altair Engineering, Inc.、Applied Intuition, Inc.、Autodesk Inc.、AVL List GmbH、Cognata、Dassault Systèmes、dSPACE GmbH、Foretellix、VIRES Simulationstechnologie GmbH、NVIDIA Corporation、rFpro、The MathWorks, Inc.、LG Electronicsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]