ニトロ飲料市場、2026年に4,850万米ドル規模到達見込み

ニトロ飲料の概要

ニトロ飲料が市場に登場したのは、2010年代初頭のことです。この市場はまだ初期段階にあり、今後数年間で大きな成長の可能性があります。ニトロ飲料の魅力は、食感の魅力、味覚の魅力、視覚の魅力の3つです。研究開発活動の活発化に伴い、カクテルやスムージーなど、ニトロを注入した他の飲料も実験されています。

世界のニトロ飲料市場の概要

ニトロ飲料の世界市場は、2021年から2026年の予測期間中に21.66%のCAGRで推移し、2026年には4,850万米ドル規模に達すると予想されています。窒素を注入することで、飲料の味や食感が大きく向上することから、市場の高成長が見込まれています。また、可処分所得の増加に伴い、ニトロ飲料の需要がさらに急増することが予想されます。さらに、ニトロ飲料の消費は、砂糖の摂取量を減らすのに役立ち、追加の砂糖を必要としません。窒素を注入することで飲み物に甘みが加わるため、砂糖を追加する必要がなくなります。ニトロ飲料市場を牽引する主な要因は、消費者の嗜好の変化と、市場における新製品の需要の高まりです。消費者は、製品のプレミアムな味と口当たりのためには、価格が高くても出費を惜しまない傾向があります。

COVID-19が市場に与える影響

COVID-19のパンデミックにより、世界中の大半の産業のサプライチェーンが影響を受け、ニトロ飲料市場もその影響を受けました。景気後退、失業、そして給料未払いといった多くのマイナス要因が、ニトロ飲料の売上に影響を与えました。しかし、オンライン販売の急増により、ニトロ飲料の売上は安定していました。電子商取引は、消費者の手元に商品を確実に届ける上で大きな役割を果たしました。また、スーパーマーケットやハイパーマーケット、専門店、コンビニエンスストアなどがオンラインで商品を提供するようになり、消費者が日常的に使用する商品を切らすことがなくなりました。

市場の区分:流通チャネル別

世界のニトロ飲料市場は、スーパーマーケット/ハイパーマーケットが中心となっています。スーパーマーケットやハイパーマーケットでは、様々なブランドの商品が一堂に会しているため、消費者は日常的な買い物をするのに便利です。スーパーマーケットは、専門店やコンビニエンスストアに比べて多くの人が利用するため、既存のブランドだけでなく、新しいブランドもスーパーマーケットでの存在感を高めようとしています。

市場の区分:製品別

世界のニトロ飲料市場は、製品タイプ別に見ると、コーヒーが圧倒的なシェアを占めています。これは、消費者が他の飲料よりもコーヒーを好む傾向にあるためです。ニトロ入りコーヒーは、通常、コールドブリューコーヒーに窒素ガスを注入したものです。ニトロ入りコーヒーの主な利点は、通常のドリップコーヒーと比較して30%以上のカフェインが含まれていることです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]