先進宇宙複合材市場、2031年に28億8,190万米ドル規模到達見込み

先進宇宙複合材市場

いくつかの宇宙プログラムと宇宙研究の進歩は、多くの先進国や発展途上国の主要な関心事となっています。宇宙活動は、市民の発展、マスコミュニケーション、農業、経済、防衛、科学・医学研究など、幅広い有益なアプリケーションを国に提供しています。

アポロカプセルが開発された当時、複合材産業はまだ初期段階にあり、その素材は宇宙産業ではまだ広く使用されていませんでした。アポロカプセルには、グラスファイバー・フェノール・ハニカム・マトリックスにシリカ繊維を配合したエポキシ・ノボラック樹脂「アヴコート」を使用したアブレイティブ・ヒートシールドという形で、初期の複合材技術が使用されています。

グラスファイバー製のハニカムが一次構造に接着され、ペースト状の材料がアポロの一次構造の各セルに個別に注入されました。アポロの開発以降、先進複合材は進歩し、ロケット、スペースシャトル、人工衛星、宇宙望遠鏡、国際宇宙ステーションなどに使用され、宇宙開発において重要な役割を果たしています。

先進宇宙複合材市場の概要

先進複合材は、費用対効果、高強度重量比、多機能性、断熱性やアブレーションなどの様々な特性を持っています。高弾性炭素繊維強化積層板は、多くの複合宇宙船の用途で主に使用されている複合材料の一つです。有人飛行カプセルでは、複合材パネルは、車両の再突入に必要な熱保護システム(TPS)を提供するために使用されます。温度耐性と低熱膨張率により、必要なTPS材料の量が減り、機体の重量が減少するという利点もあります。炭素繊維積層板は、人工衛星やペイロード支持構造に広く使用されています。例えば、衛星バスの構造体には、炭素繊維またはアルミニウムのフェースシートを用いたアルミニウム製ハニカムサンドイッチパネルが使用されています。また、高弾性・高熱伝導性の炭素繊維とシアネートエステルなどの低吸湿性樹脂を組み合わせた積層板は、精度の高い寸法安定性が求められる光学ベンチなどの宇宙機の構造体に必ず使用されています。これらの先進複合材は、宇宙船が宇宙にあるときに、極端な温度でも寸法安定性を維持するのに役立ちます。これとは別に、RFリフレクターや太陽電池アレイの基板にも、剛性と寸法安定性を得るために高弾性炭素繊維積層材が使用されています。

先進宇宙複合材の世界市場は、2020年に8億4,570万米ドル、2031年には28億8,190万米ドルに達すると予測されており、年平均成長率は11.94%です。各社が莫大な収益を上げている主な要因は、衛星打ち上げや深宇宙活動の増加、商用既製部品の使用率の上昇などです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]