農機具レンタル市場、2026年までに462億8千万米ドル規模到達見込み

農機具レンタル市場

農機具レンタルとは、農機具メーカーなどの農機具メーカーが提供するサービスです。このサービスでは、トラクター、ハーベスター、ベーラー、スプレーなどの農機具が農家に貸し出されます。農家のニーズに合わせて、1時間単位、1週間単位、1ヶ月単位で提供している会社がほとんどです。農機具のレンタルサービスは、中小規模の農家の成長を助け、世界の農業生産量の増加につながっています。

世界の農機具レンタル市場の概要

市場の主要プレーヤーが提供するレンタル農機具は、農業のすべての分野で展開されています。各社が提供する農機具には、農業の効率性と生産性を高める最新技術が採用されています。2005年以降、世界各国の企業がレンタル農機具を提供しています。また、アジア太平洋地域をはじめとする特定の地域では、政府が農機具レンタル市場の発展のためにイニシアチブをとっており、それが市場の活性化につながっています。

世界の農機具レンタル市場は、2021年~2026年の予測期間中に6.63%のCAGRで成長し、2026年までに462億8千万米ドルに達すると予想されています。この市場の成長率は、世界的な食糧需要の増加に対応するための農業生産量の増加につながるため、政府による農機具のレンタルに対する取り組みが世界的に活発化していることが背景にあります。また、農機具の価格が高騰しているため、中小規模の農家では農機具を購入することが難しくなっています。このことが、世界の農機具レンタル市場の成長につながっています。

優位性のあるセグメント

トラクター

製品セグメントにおける世界の農機具レンタル市場は、トラクターが圧倒的に多く、次いでハーベスターが多いと予想されます。製品セグメントにおけるトラクターの優位性は、現場で多目的に使用されるトラクターによるものです。トラクターは移動手段としてだけでなく、ハーベスターやベーラーなどの他の機器の動力源としても使用されます。

50~100馬力

50~100馬力のトラクターは、現場での使用用途が増えていることから、トラクターのレンタル分野を支配すると予想されています。従来の農業では、50~100馬力のトラクターにインプルメントを装着することで、収穫や耕作などの主要な作業を簡単に行うことができます。

四輪駆動

レンタル農業用トラクター市場では、二輪駆動のトラクターに比べて四輪駆動のトラクターの用途が増えているため、四輪駆動のトラクターが主流になると予想されます。また、四輪駆動トラクターは雨天時にも簡単に使用できるため、採用率が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]