衛星ブロードバンドインターネット市場、2031年に523億3千万米ドル規模到達見込み

衛星ブロードバンドインターネット市場

衛星ブロードバンドインターネットとは、通信衛星を利用して提供されるインターネットサービスのことです。最新のコンシューマーグレードの衛星インターネットサービスは、Ku帯やKa帯を使用した新しい衛星を利用して、比較的高速な低地球軌道(LEO)、中地球軌道(MEO)、静止地球軌道(GEO)を通じて個人ユーザーに提供されています。さらに、宇宙からの低遅延接続を可能にするために、衛星インターネットコンステレーションが開発され、LEOに打ち上げられています。

市場の概要

衛星ブロードバンドインターネット技術は、様々なアプリケーションのための24時間接続ソリューションに対する需要の増加により、政府や商業消費者から大きな支持を得ています。現在の通信技術では、サービスを提供するためのいくつかのツールやシステムが開発されていますが、遠隔地でのサービス性の低さや、厳しい気象条件による接続の不安定さなどの反発を受けることが多いです。

世界の衛星ブロードバンドインターネット市場は、2021年から2031年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)20.64%で成長し、2031年には523億3千万米ドル規模に達すると予測されています。各社が巨額の収益を上げている主な要因は、情報、娯楽、商取引のための世界的なブロードバンドインターネットアクセスの需要の増加と、次世代通信衛星コンステレーションの開発に向けた技術の進歩です。

市場区分:アプリケーション別

世界の衛星ブロードバンドインターネット市場では、航空業界が圧倒的なシェアを占めていると推定されています。これは、円滑な運用や機内接続サービスのためにブロードバンドインターネットサービスソリューションを利用している各国の普及率の高さによるものです。

市場区分:エンドユーザー別

商用エンドユーザーセグメントは、主に海事、航空、企業、農業などに使用される幅広い製品を提供していることから、世界の衛星ブロードバンドインターネット市場のトップランナーになると予想されています。

市場区分:地域別

世界の衛星ブロードバンドインターネット市場では、北米が最も高いシェアを占めると予想されています。北米に拠点を置く企業は、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに拠点を置く国際的な顧客に供給することが多いためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]