弾道宇宙旅行市場、2031年に3億9,660万米ドル規模到達見込み

弾道宇宙旅行市場

現在、宇宙産業では、宇宙輸送を可能にする技術やプラットフォーム、宇宙基地の開発が進められています。宇宙旅行を含む弾道飛行は、宇宙分野や宇宙への旅行を望む個人から大きな関心を集めています。ヴァージン・ギャラクティック社、ブルー・オリジン社、スペース・アドベンチャーズ社、PDエアロスペース社、スペース・パースペクティブ社、ゼロ・グラビティ・コーポレーション社などが、宇宙旅行を可能にするプラットフォームの開発に注力しています。 現在の課題は、宇宙旅行をより安価に、ひいては一般の人々にとってより身近なものにすることです。

業界が注目している技術の1つは、軌道下または軌道上で再利用可能な乗り物などの宇宙システムの再利用性です。再利用可能なシステムにより、企業はコストを削減できるだけでなく、複数のミッションでシステムを運用することができます。このような市場におけるプレイヤーの動向は、この市場が今後数年間で大きな成長を遂げる可能性があることを示しています。

弾道宇宙旅行市場の概要

宇宙輸送は、ここ数年、いくつかの宇宙産業から大きな関心を集めています。これまでの宇宙輸送は、国際宇宙ステーション(ISS)への貨物供給ミッションや打ち上げサービスが中心でしたが、現在では、宇宙空間での輸送、惑星探査、有人ミッション、弾道輸送、宇宙旅行などに焦点が移っています。SpaceX社、Blue Origin社、Virgin Galactic社などの複数の企業が、ロケットを動力源とした弾道輸送機などのプラットフォームの開発に注力しており、これにより産業界は弾道輸送や宇宙旅行を実施することができるようになります。

世界の弾道宇宙旅行市場は、2021年から2031年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)24.46%で推移し、2031年には3億9,660万米ドルに達すると予測されています。一般の人々が宇宙にアクセスできるようにする必要性が高まる中、複数の企業が宇宙旅行を可能にする宇宙船や高高度気球の開発を進めています。これらの企業には、Virgin Galactic社、Space Perspective社、Orbspace社などがあります。

市場区分:エンドユーザー別

弾道宇宙旅行市場では、政府機関のエンドユーザーが圧倒的に多いと予想されています。この成長の要因は、政府機関がいくつかの弾道輸送用途のために商業プレイヤーとパートナーシップや契約を結ぶことが増えていることにあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]