ADAS・自律センサー用メンテナンス装置市場、2031年に3,460万米ドル規模到達見込み

市場の概要

自動車のセンサーは、汚れ、雨滴、雪、鳥の糞などで見えなくなると誤作動を起こします。センサーの表面を洗浄して機能を回復させるために、液体ベースのセンサーメンテナンスシステムや空気ベースのセンサーメンテナンスシステムが利用されます。このようなメンテナンスシステムは、センサーの性能が重要視される自律走行車に採用されるケースが増えており、地域を問わず自動車用センサーメンテナンスシステム市場の成長を支えています。

ADAS・自律センサー用メンテナンス装置の世界市場は、2021年から2031年の予測期間中に30.94%のCAGRで推移し、2031年には3,460万米ドルに達すると予想されています。最近の研究によると、自動運転機能の急速な進歩により、車両の前後にセンサーやカメラシステムが組み込まれるようになってきています。将来のサラウンドビューやミラー交換アプリ、さらには車線逸脱警告やパークアシスタントなどのいわゆるスマートアプリケーションは、この新機能の恩恵を受けることになります。これらのデバイスは、視覚的な情報を提供するだけでなく、危険な状況でのブレーキやステアリングを積極的に支援したり、ハイビームを減らしたりします。そのため、これらのサービスを確実に実行するためには、クリーニングが急務となるでしょう。

製品別の市場区分

液体ジェット(フルード)は、自動車を洗浄する技術として知られており、実績もあります。品質、耐久性、コストなど、自動車業界の高い基準に合わせて設計された試行錯誤の技術の魅力は計り知れません。しかし、この技術をセンサーに適用すると、容量、性能、長期的な実現性などの面で新たな課題が生じます。

アプリケーション別の市場区分

安全性への関心の高まりや、政府による排ガス規制の強化などにより、乗用車に搭載されるこれらのセンサーの需要が高まっています。さらに、世界各国の政府がこの産業を支援するために尽力しています。乗用車の安全性、効率性、正確性を保証するために、連邦当局はこれらのセンサー技術の自動車への使用を増やすために多くの規則や規制を設けています。

地域別の市場区分

ADAS・自律センサー用メンテナンス装置の世界市場では、欧州が最大のシェアを占めています。欧州の経済状況は良好で、消費者の可処分所得が高いため、ADAS・自律センサー用メンテナンス装置などの先進的な機器の需要が高くなっています。これに伴い、メーカーはバリューチェーン全体での柔軟性の向上を目指しており、それがADAS・自律センサー用メンテナンス装置市場の牽引役となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]