LEO向け衛星推進技術市場、2031年に132億1,270万米ドル規模到達見込み

市場概要

1957年から2021年にかけて、SpaceX、Ariane Space、欧州宇宙機関(ESA)、米国航空宇宙局(NASA)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など、多くの政府や商業組織が、地球低軌道(LEO)にあるさまざまな人工衛星のための新しい推進システムの実証を開始しました。それ以来、技術は絶え間なく進化し、独自の製品やシステムを開発することで、宇宙産業全体に変革をもたらしてきました。

現在、世界中の多くの宇宙機関や民間企業が、地球低軌道(LEO)衛星コンステレーションの開発に注力しており、これが衛星推進技術の市場を牽引しています。さらに、費用対効果の高い推進技術を開発するための研究開発活動の高まりや、衛星推進システムのコンポーネントを開発するための3Dプリンティング技術の進歩も、LEO向け衛星推進技術市場の成長に寄与する要因となっています。例えば、2021年4月、フェーズ・フォーは米国空軍と契約を結び、同社のマックスウェル電気スラスタで代替燃料をテストすることになりました。同社は米空軍からSBIR(Small Business Innovation Research)の授与を受け、75万ドルを受け取りました。これにより、将来的にはニッチ市場に浸透し、大きな収益を上げる可能性があります。

LEO向け衛星推進技術の世界市場は、2021年から2031年の予測期間中に6.98%のCAGRで推移し、2031年には132億1,270万米ドルに達すると予想されています。通信、技術開発、地球観測、リモートセンシングなどの用途で衛星コンステレーションの数が増加していることが、市場の主な牽引要因になると予想されます。また、効率的な推進システムを低コストで構築したいというニーズの高まりも、世界のLEO向け衛星推進技術市場の成長の主な要因となっています。

市場区分

エンドユーザー別市場区分

通信、リモートセンシング、地球観測、ナビゲーションなどを目的とした小型衛星コンステレーションの開発が商業産業で活発化していることから、商業エンドユーザーセグメントが世界のLEO向け衛星推進技術市場を席巻すると予測されています。

アプリケーション別市場区分

現在、この市場は、通信ミッション用の小型衛星の開発で発展しています。企業や宇宙機関は、小型衛星を使って、長距離・大容量・コスト効率の良い通信コンステレーションの開発を目指しています。

推進タイプ別市場区分

電気推進は、世界のLEO向け衛星推進技術市場に最も貢献している推進システムです。2031年には、衛星打ち上げ全体に占める電動衛星の市場浸透率が40%以上になると予想されています。しかし、コストの高さ、開発の複雑さ、推力の低さなどが、電気推進システム分野の成長を阻害しています。しかし、技術の進歩がこれらの課題を克服し、電気推進システムは大きな成長を遂げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]