バイオマテリアル市場、2031年に7,258億8千万米ドル規模到達見込み

バイオマテリアルの歴史

バイオマテリアルの歴史は、4000年前の古代エジプト人がリネンのワイヤーで傷口を塞いだことに始まります。中世のヨーロッパでは、キャットガットでできた縫合糸が使われていました。また、インカの外科医は黄金の皿を使って頭蓋骨の骨折を修復し、古代マヤでは貝殻を使って人工の歯を作っていたといわれています。西暦200年、ヨーロッパでは鉄製の人工歯も作られていました。しかし、これらの素材は人体との適合性や有機性が完全ではありませんでした。

市場の概要

バイオマテリアル市場は、2020年に1,229億2千万米ドルとなり、2021年から2031年にかけて17.98%のCAGRで成長し、2031年には7,258億8千万米ドルに達すると予想されています。バイオマテリアル市場は、バイオマテリアルの優れた特性、政府による研究目的の資金・援助の増加、創傷治癒療法や整形外科手術の増加、高齢化・老齢化の進展、心血管疾患の有病率の上昇、再生医療への意識の高まり、整形外科疾患の増加、インプラントデバイスの需要の高まりなど、多くの要因によって牽引されています。しかし、生体適合性の問題、厳しい安全規制、バイオマテリアルを用いた製品の制限などが、バイオマテリアル市場の成長を妨げています。肥満の増加、がん研究へのバイオマテリアルの導入、インド、中国、韓国などの成長国における患者の意識向上とライフスタイルの改善は、バイオマテリアル市場にチャンスをもたらすと予想されます。

市場区分

バイオマテリアルの市場は、用途、製品タイプ、地域によって大きく分けられます。製品タイプ別では、金属系バイオマテリアル、ポリマー系バイオマテリアル、セラミック系バイオマテリアル、天然系バイオマテリアル、無機ガラス系バイオマテリアル、放射線不透過性バイオマテリアル、再生系バイオマテリアル、ハイブリッドバイオマテリアルの組み合わせなどがあります。さらに、主な用途としては、心臓血管、整形外科、眼科、歯科、創傷治癒、形成外科、神経/中枢神経系(CNS)、組織工学、その他が挙げられます。地域別では、世界のバイオマテリアルは、北米、欧州、アジア太平洋、中国、英国、その他の地域に分けられます。

市場区分:用途別

バイオマテリアル市場の用途別では、循環器系が市場を支配しており、予測期間中に最大の用途となることが予想されます。循環器系アプリケーションセグメントでバイオマテリアルの使用が拡大しているのは、バイオマテリアルが血液、血管内皮細胞、線維芽細胞、心筋、その他多くの細胞や細胞マトリックス材料と接触するため、その生体適合性が主な要因となっています。心臓血管系に使用されるバイオマテリアルには、金属やポリマーなどの素材があります。心臓血管系でのバイオマテリアルの使用は、一時的な内部デバイス、一時的な外部デバイス、永久的な内部デバイスに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]