再使用型弾道ロケット(SRV)市場、2031年に18億6千万米ドル規模到達見込み

再使用型弾道ロケット(SRV)市場の概要

軌道外輸送と宇宙旅行の能力は、過去に実証されています。例えば、1920年代には、ロバート・H・ゴダードが最初の液体燃料ロケットを打ち上げ、科学的な弾道飛行を開始しました。科学者たちは、弾道飛行を主な用途として、微小重力や大気圏外での実験を行うことを期待していました。X-20ダイナソア計画以降、軌道外輸送を中心とした数多くの研究活動が行われました。また、2001年にロシアのソユーズ宇宙船でISSに向かったデニス・ティト氏が初めての宇宙旅行者となりました。2001年から2009年にかけて、民間人がロシアのソユーズ宇宙船に乗って宇宙に行くことに成功しました。2001年から2009年にかけて、宇宙旅行会社のスペース・アドベンチャーズ社は、ロシア宇宙庁の協力を得て、7人の民間人を対象に8回のISSへの宇宙飛行ツアーを実施しました。

現在、産業界では、宇宙輸送を可能にする技術、プラットフォーム、およびスペースポートの開発に注力しています。その中でも特に力を入れているのが、軌道上での再使用が可能なロケットなどの宇宙システムの再利用技術です。再利用可能なシステムにより、企業はコストを削減できるだけでなく、複数のミッションでシステムを運用することができます。この市場におけるプレイヤーの動向は、この市場が今後数年間で大きな成長を遂げる可能性があることを示しています。

宇宙輸送は、ここ数年、複数の宇宙産業から大きな関心を集めています。これまでの宇宙輸送は、国際宇宙ステーション(ISS)への貨物供給ミッションや打ち上げサービスが中心でしたが、現在では、宇宙空間での輸送、惑星探査、有人ミッション、弾道輸送、宇宙旅行などに焦点が移っています。SpaceX社、Blue Origin社、Virgin Galactic社などの複数の企業が、ロケットを動力源とした弾道ビークルなどのプラットフォームの開発に注力しており、産業界は弾道輸送や宇宙旅行を実施できるようになっています。

世界の再使用型弾道ロケット(SRV)市場は、2021年から2031年の予測期間中、年平均成長率(CAGR)16.89%で推移し、2031年には18億6千万米ドルに達すると予測されています。市場が堅調に推移する主な要因は、宇宙輸送を可能にするための集中的な取り組み、弾道輸送における新興企業の台頭、低コストの発射場の開発の増加にあると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]