臓器移植診断市場、2021年から2031年にかけてCAGR 10.92%で成長見込み

市場の概要

臓器移植診断市場は最も急速に進化しているダイナミックな市場の一つであり、2021年から2031年の予測期間においてCAGR 10.92%で成長すると予測されています。同市場は、臓器移植件数の増加、主要企業の戦略的取り組み、有利な規制環境などの要因によって牽引されています。

さらに、バイオテクノロジー企業は、診断やトランスレーショナルリサーチなどの用途に向けた堅牢な臓器移植診断ソリューションの開発に注力しており、移植医や研究者が移植医療の分野に存在する複雑な問題を解明するためのサポートを行っています。臓器移植診断製品・サービスの開発により、移植医は、臓器提供者のスクリーニングやレシピエントの監視のための効果的な戦略を確立することができ、価値ある治療を提供することが可能になりました。

市場の区分

臓器移植診断市場は、製品、移植、アプリケーション、技術、エンドユーザー、地域別に分類されています。

市場の競争状況

世界的に臓器移植の件数が急激に増加していることから、バイオテクノロジー企業は、革新的な臓器移植診断ツールの開発に投資し、移植医が移植患者に価値ある臨床結果を提供できるようにすることが求められています。サーモフィッシャーサイエンティフィック社は、広範な製品ポートフォリオと広大な地域でのプレゼンスにより、臓器移植診断のエコシステムにおけるリーディングプレイヤーとなっています。

地域別では、北米が臓器移植診断市場で最大のシェアを占めています。これは、移植診断に関する確立されたガイドラインの存在、主要なビジネス戦略を実施しているレガシー企業の存在、臓器移植数の増加、移植医による高度な分子技術に基づく製品の採用の増加などが要因となっています。また、新たな移植関連バイオマーカーの発見に向けた研究が活発化していることも、北米の臓器移植診断市場の成長を支えていると考えられます。また、2021年から2031年までの予測期間においては、アジア太平洋地域が最も速いCAGRで成長することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]