炭化ケイ素(SiC)繊維市場、2031年に25億1,920万米ドル規模到達見込み

市場の概要

炭化ケイ素(SiC)繊維は、炭化ケイ素の分子を主成分とする高性能セラミック材料です。炭化ケイ素(SiC)繊維は、航空宇宙、エネルギー、電力などの分野で急速に普及している新興軽量素材の一つです。低密度、軽量、高剛性、高耐薬品性、高引張強度、高温耐性などの高性能な特性を持っています。

世界の炭化ケイ素繊維市場は、2021年~2031年の予測期間中に19.3%のCAGRで推移し、2031年には25億1,920万米ドルに達すると予想されています。この市場の成長は、航空宇宙、化学、エネルギー、電力産業における軽量繊維の需要の増加によってもたらされると予想されています。

市場の区分:用途別

炭化ケイ素繊維は、タービンブレード、ノズル、タービンエンジン、推進ユニット、燃焼器ライナーなどの航空機部品に広く使用されています。航空機メーカーは、従来の金属に代わって炭化ケイ素繊維を採用するケースが増えています。航空機のエンジン部品は過酷な温度条件下で使用されるため、耐熱性、低熱膨張性、低導電性、耐腐食性などの特性を持つ炭化ケイ素繊維が必要とされます。

市場の区分:繊維タイプ別

連続繊維は、高強度、高耐熱性、耐腐食性などの特性を持つため、航空宇宙、エネルギー、電力の各産業で採用されています。また、炭化ケイ素繊維は、1000℃以上の高温環境下での使用が可能であり、主にセラミック繊維、炭素繊維、高分子材料、強化金属などと組み合わせて使用されています。

市場の主要プレーヤーと競合の概要

世界の炭化ケイ素繊維市場における主要な企業としては、ゼネラル・エレクトリック社、NGS Advanced Fiber Co. 宇部興産株式会社、アメリカンエレメンツ、BJSセラミックス株式会社、フリーフォームファイバーズ、COIセラミックス株式会社、スペシャルティマテリアルズ株式会社、蘇州彩飛集団有限公司、ヘイデール・グラフェン・インダストリーズ株式会社、マテック株式会社、ティシックス株式会社、スタンフォード・アドバンスト・マテリアルズ、NASAグレン・リサーチ・センター、SGLカーボン株式会社、などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]