緊急医療用アプリ市場、2030年に101億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

緊急医療用アプリとは、緊急医療を必要とする患者を適切な専門家につなぎ、診断、治療、監視などの行動を促すことを目的としたスマートフォンアプリケーションです。テキストや音声、ビデオ通話を使って遠隔で治療を行ったり、患者を最寄りの病院に案内したりすることができます。

緊急医療用アプリには、遠隔診察、服薬管理、医療チームと患者のコミュニケーション、臨床メッセージ、回復期の患者へのリハビリテーションなどの機能を備えたものがあります。病院の救急外来を受診するという従来の方法とは異なり、バーチャルな緊急医療に対するユーザーの認識はパラダイムシフトしています。緊急医療用アプリ市場は、緊急性の高い医療を便利に利用したいという需要の高まりにより、成長が見込まれています。

世界の緊急医療用アプリ市場は、2020年には9億7,360万米ドルとなり、2030年には101億5千万米ドルに達すると予測されています。また、2021年から2030年までの予測期間中、同市場は26.32%のCAGRで成長すると予測されています。

市場の成長要因

市場の成長を促進する要因としては、緊急で便利なケアへのアクセスに対する需要の高まり、費用対効果に優れた使いやすいテクノロジーへの需要の高まり、スマートフォンの普及、患者中心のヘルスケアへの関心の高まり、個別の患者に対するケアの重要性の高まりなどが挙げられます。

また、診断後に患者が関与することの重要性が高まっていることも、服薬アドヒアランスや回復期の患者に対するリハビリテーションの提供、患者とケアチームとの間の安全で合理的なコミュニケーションチャネルの確立など、病院後のアプリの導入を促進する要因となっています。

さらに、COVID-19は、緊急医療用アプリ市場の成長にプラスの影響を与えています。今回のパンデミックでは、消費者の嗜好が、クリニックでの治療からバーチャルな治療へとパラダイムシフトしました。遠隔医療の導入は、医療従事者にとっても、患者にとってもプラスに作用しています。

市場の阻害要因

世界の緊急医療用アプリ市場の成長を阻害する要因としては、データ漏洩やサイバーセキュリティへの懸念、消費者向けインスタントメッセージングアプリの普及、新興国における接続性の障害などが挙げられます。モバイルデータの低価格化に注目が集まっているとはいえ、新興国では低価格なモバイルインターネットへのアクセスという課題があります。ネットワークサービスプロバイダがカバーしている地域であっても、その利用範囲は比例していません。さらに、新興国ではテクノロジーに対する意識が低いことも、市場の成長を妨げる要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]